ポスティング

チラシのABテストでデザインによる反響率のチェック

abtest

おはこんばんにちわ!
まんぷー先生こと、アドワールド大国営業所の上野平(ウエノヒラ)です。
いつも弊社のブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

今回は真面目なお話をおひとつ。

クラインアント様からよくある質問の一つに
「チラシのデザインで反響ってかわるんでしょうか?」
というお声を良くいただきます。

結論から言いますと

「めちゃめちゃ変わります!!」

何故変わるのかという事を、
配布する側の目線と、今までの経験からお話できればと思います。

どんなチラシが反響を呼ぶのでしょう?

毎日、皆さんのご自宅には大量のチラシが投函されているかと思います。
客観的に見るとうんざりするチラシの枚数でしょう・・・・
すぐにゴミ箱にダイレクトINしていませんか・・・・??
してますよね・・・・。

そうなんです、人間というものは心理的に興味のないモノにはあまりにも無関心なんです(^^ゞ)

では、どうやって興味を持たせるかなんです!
そこが今回のポイントなのです!!
それでは、ポイントごとにみていきましょー♪

[その1]
ポストの中で目立てるかどうか

やはり、ポスティングされたチラシは
まずは住民様に手に取って見てもらわないと話になりません。

他のチラシより、如何に目立てるか】なのです。

巷にはいろいろな形状の広告がありますし、
それぞれにメリット・デメリットがあるかと思います。

基本的に、チラシが小さくて紙質が悪いほど印刷代金は安くつくので経費は安くつきます。
ですが、その分ポストの中に入ると小さいので
目に留まりにくかったり、目立ちにくくなってしまい
ピックアップ率(住民様が手に取って見てもらえる確率)は落ちてしまいます

逆に、大きいチラシや紙質が良いチラシ、はたまた特殊形状のチラシ(観音開きタイプや透明な袋に封入されているチラシetc)は非常に目立ちやすく興味がそそられやすい仕様なのでピックアップ率が増えます

ただ、少し費用が割高になってしまいますので
あくまで配布タイミングやエリアに反響が大きく左右されるポスティングにおいて
予算をかけた割には、費用対効果が出ないときもあるのでご予算と要相談になってきますね。

この様にどちらも一長一短ですので、アドバイスの一つとして聞いていただければと思います。

[その2]
押し出したいポイントをわかりやすく表記できている

これも、非常に重要ですね。
クライアント様が住民様に何を伝えたいか
明確に記載されているかどうかです。

また、文章の読みやすさや、見易さも重要になってきます。

例えば、
2種類のデザインのチラシがあるとして

Aのチラシは、いろいろな情報を詰め込みすぎていて作文のような文字の羅列のようなデザインのチラシ
Bのチラシは、コンパクトに押し出したいセールの【○%割引】部分だけをドカンと押し出していて非常に見やすいチラシ

どちらが反響が出やすいかというと、もちろん後者のチラシになります。

少し極端な例になってしまいましたが、この様にデザインによっても反響がかなり変わります

[その3]
チラシの印象は目に入った瞬間で90%以上が決まります

よく言われていますが、人の印象は出会って数秒で決まるといわれていますよね?
そして、脳内に植え付けられた印象というのはなかなか消えないものなのです。

私は、チラシも同じだと思っています。

住民様は手に取ったチラシが
自分にとって有益な情報か、はたまた無益な情報かを
ほんの一瞬で判断します

如何に住民様に有益な情報かを問いかけるか
前述でお話させて頂いた[1]と[2]を考慮して、いかにわかりやすくデザインするかがポイントだと思います。

【反響率効果測定】

最後に、よくおこなわれているのが
2種類の違うデザインのチラシを
エリアで配り分けをして反響効果測定を取る方法です。

ポスティングとは、継続すればするほど結果が出てくると思われます。
その中で、デザイン別で反響効果をデータ取りしていき
今後のポスティングに役立てていくクライアント様がほとんどです。

そうして、より良い費用対効果を求めて
我々ポスティング会社とクライアント様は密接にむすばれておりますのです!

少し、長々とお話しさせて頂きましたが
勉強になったよ!と思ってくださる方はアドワールドのfacebookページに【いいね!】をお願いします。

それでは、
より良いポスティングライフの為に我々アドワールドはクライアント様を全力で支援していきます。

全ては店主の祈りの為に!!

byまんぷー先生