ポスティング

戸建やマンション限定のポスティングと軒並み配布の違い

業務内容はポスティング

物件限定ポスティングとは

物件限定ポスティングとは、戸建住宅や集合住宅に限定して行うポスティングのことです。

通常の配布と比べると、配布枚数は少なくなりますが、配布単価は上がります。

エリアによって集合住宅と戸建住宅の比率は異なります。都心や大きな駅周辺などの都市部は、人口密度が高く比較的集合住宅が多い傾向があります。

また、逆に駅や繁華街、都市部から離れると集合住宅よりも一戸建て住宅が多くなる傾向があります。どちらも一概にはいえませんが、そのような傾向がありますので、エリアによって配布枚数も変わるという特性があります。

軒並み配布とは

軒並み配布とは、物件を限定せずほぼすべての物件対して行うポスティングのことで、そのエリアの世帯の約8割の物件にポスティングします。

一番よく利用される配布方法で、配布単価も安く抑えることができます。アドワールドのクライアントさまのほとんどが、こちらの軒並み配布でご依頼をいただいています。

物件限定配布と比較して、エリアごとの配布数のムラが少ないため、満遍なくユーザーにチラシを届けることができます。

戸建住宅向けのチラシであっても、そのご両親やお知り合いなどへの紹介もあるため、軒並み配布を希望するクライアントさまも多くいらっしゃいます。

どちらがお得なの?

どちらがお得かは、取り扱い商材にもよりますし、チラシのコピーなどによって反響数が変わってくるので、判定するのは難しいところです。

限定配布の方がチラシの枚数が少なくて済むという点では、チラシコストを抑えるには有効ではないでしょうか。

また配布単価は上がりますが、配布件数も少なくなるので、トータルコストを抑えることが可能です。

近年では印刷コストもかなり低くなってきているので、1000円〜2000円程度の追加で1000枚くらいは軽く刷れてしまいます。それを見越して最近の傾向としては限定配布よりも軒並み配布で、より多くの方へリーチするという考え方のほうが多くなってきています。

集合住宅と戸建住宅のニーズの違い

集合住宅であれば、マンションのリフォームや新築住宅の案内、求人情報などがニーズとして見込めるのではないでしょうか。

また、戸建住宅であればソーラーパネル、庭のリフォームやガーデニング、水まわりの修繕や交換などが見込めるのではないでしょうか。

これらはほんの一例であり、集合住宅と戸建住宅で複合したニーズのものもありますが、住宅の形態によって反応率は変わってくる場合、反応率によって配布物件を使い分けることで、費用対効果のアップに繋げることができます。

チラシの配布方法による効果の改善も期待できると思いますが、まずは軒並み配布がオススメです。御社の業種がどちらの住宅形態のほうが反応率が高いのか、物件の形態ごとにABテストをしてみるのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)