ポスティング

エリアマーケティングにはポスティングが効果的?

blog028

エリアマーケティングに最適な広告とは?

エリアマーケティングとは、地域の特性を知ることにより、宣伝すべき地域を明確にすることで成果を上げていくマーケティング手法です。
一般的なプロセスとしては、売り出したい商品のターゲット層がたくさん住んでいるのは一体どこなのかを知るところから始まります。
その際、人口統計・人口分布・世代構成や年代構成など、国勢調査のデータが非常に役立ちます。

まずは、店舗周辺のエリアの特性と、現状の店舗周辺の特性をまず把握します。
次に、ターゲットとなるお客様が多いエリアがどこにいるのかを調べます。
まだ宣伝していないエリアに、ターゲットとなるお客様がいるかもしれません!
そうして広告を出すエリアを設定し、施策を打ち、効果検証を繰り返していくのです。

お店から半径◯kmに広告を届けたいなら…

もしあなたがお店から半径○km以内に広告を届けたい、と考えたときに、どの広告宣伝手法を選ぶのが良いのでしょうか?

まず考えられる新聞折込ですが、この方法はお店から半径○kmといった設定が非常に困難な宣伝方法なのです。
理由としては、新聞社独自のエリア分け、または各営業所都合のエリア分けがあるためです。

それに比べると、ポスティングやインターネット広告の場合は細かいエリア設定が可能となります。

インターネット広告でのエリア選定の落とし穴

インターネット広告は、広告を出すのもやめるのも自分のタイミングで出来る点などは便利ですが、エリア選定の面で言うと落とし穴もあります。

インターネット広告には位置情報連動広告というものがあります。
これは、GPSやwi-fi、IPアドレスなどから位置情報を取得し、そこから得られたエリアによって広告の配信先を選別します。
ただ位置情報というのは、精度の高いものだと情報ボリュームが非常に少なくなりますし、逆に情報ボリュームが多くても精度が低いという弱点があるのです。

ですから、自分が配信したい!と望んだエリアと、実際の配信先に誤差があることを理解しておかなくてはいけません。

また、インターネット広告は自分で効果検証が出来る魅力がある一方、専門知識が必要となる点は手が出しにくい理由の1つではないでしょうか。

エリアマーケティングとポスティング

ポスティングの場合、上記に挙げた半径○kmといった設定が可能であるだけでなく、更に細かい設定も可能になります。
例えば戸建や集合住宅限定配布、また世帯年収や年齢層などのデータに基づいたエリア分けです。

エリアマーケティングにおいて、お店がある周辺の地域の特性と、そこに住んでいる人の特性をまず知ることが大切です。
そこから、市場規模があるのにまだ宣伝できていないエリアや、潜在顧客を見つけられるようになるのです。

闇雲に広告費を使ってしまう前に、まずは今の現状をよく知ることから始めましょう。
エリア選びに困った際は、ぜひ一度アドワールドにご相談ください!

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)