ポスティング

高い?安い?それとも適正?ポスティングの単価を見極めてベストな配布方法を選択しよう

チラシ配布の「単価」の出し方


ポスティング配布を検討する時、用意したチラシを「いつ」「どこで」「何枚配布するのか」は誰もが考えるポイントではないでしょうか。
と同時に、もっと気になるのがポスティングに掛かる「費用」。予定しているチラシの配布枚数の総額だけでなく、一枚当たりに掛かる「原単価」も気になりますよね。


アドワールドのポスティング費用は、基本的に「人件費」から算出しています。
例えば、時給1000円のポスティングスタッフが、8時間のポスティングを行った場合、スタッフの日当は単純計算で8000円。その8時間のポスティングで2000枚のチラシを配布したとすると「スタッフの日当8000円÷チラシの配布枚数2000枚」となり、1枚当たりの原単価は「4円」だとわかります。


では、原単価に違いが出るのは配布スタッフの時給がバラバラだから?と思われた方、実は単価の算出方法には他にもいくつかポイントがあり、配布エリアの特性やチラシのサイズ、配布条件によって違いが出てきます。早速、順番に説明していきましょう。



単価がアップする「エリア特性」と「セグメント配布」



ズバリお答えすると、ポスティングの原単価に影響を及ぼす一番の要因は「配布地域が持つ特性」にあります。


先ほど、アドワールドの単価算出には「人件費」が基本とお伝えしましたが、配布地域が山岳地帯で坂道が多かった場合、おのずと配布するチラシの枚数は減ってしまいますし、マンションや戸建て、商業施設や工場の多さ、住宅が建っている密度によっても、スムーズな配布ができるかは異なり、配布枚数が少なければ少ないほど、比例して単価は上がってしまいます。


また、お客様がご希望される「配布方法」も単価に影響を及ぼします。
ポスティングの配布方法には、町目を限定して配布する方法や、軒並み・集合住宅限定・一戸建て限定・事業所限定など、配布先を指定してポスティングを行う事ができます。これを総称して「セグメント配布」と言い、配布条件が加わる事によって、配布に手間が増えてしまい、単価アップにつながります。


ただし、「セグメント配布」は、配布効率が落ちる事による割高感よりも、それ以上にターゲットを限定してポスティングできるメリットに注目する事が大切です、安い単価でターゲット以外の住民にチラシを配布するのなら、ターゲットを限定してピンポイントでアプローチした方が、費用対効果は高まります。


「セグメント配布」を利用する場合は、ターゲットと配布先がマッチしているか気をつける事も大切です。例えば、戸建て向けのリフォームチラシをマンションに配布したとすると…当然反響は起こりませんよね。



お得に配布するなら「併配」利用がオススメ



さて、ここまでアドワールドの単価算出方法や、単価アップにつながる様々な要因についてご紹介してきましたが、やはり単価を安く広く配布したい!というお客様にオススメしたい配布方法もご用意しております。


それは「併配」扱いでポスティングを行う方法です。


「併配」とは、一回のポスティングの際に、他社のものを含めて数種類のチラシを同時に配布する方法です。特定の条件をつけない事で、1つのポストに複数のチラシを同時に投函できるので、人件費を抑える事ができ、配布単価も安価になります。
配布エリアや配布する期間、配布枚数は大きく設定させていただく必要がありますが、コスト的な負担が低いので、特定のエリアで少しでも安くポスティングを行いたいというお客様にぴったりな配布スタイルです。


アドワールドでは「併配」の際、競合他社のチラシと組み合わせてポスティングを行う事は決してありません。ご依頼いただいたお客様一人ひとりのチラシ配布がより効果的にターゲットに届くように、配慮して配布させていただきます。



「単価」を目安に「高品質」なポスティングを目指そう


いかがでしたか?アドワールドのポスティングは、「単価の安さ」を前面に打ち出すサービスではございません。
ポスティング配布は長期的なアプローチを視野に入れて行う必要があるので、確かに「安さ」も重要なポイントではありますが、いくら安いポスティングであっても、ターゲット層から認知されず、反響や売り上げアップにつながらないのであれば、それはポスティングによる損失となってしまいます。


反響を効果的に出したいのであれば、費用対効果を意識して「マンション限定」や「町目を限定して配布する」など、配布方法を指定するのも賢い選択。目的意識を持って配布方法を選び、質の高いポスティング業者にしっかりとチラシ配布を依頼するようにしましょう。


ちなみに、ポスティング会社に見積りを依頼して、出てきた金額が極端に安い場合は注意が必要です。残念ながら、配布マナーの悪い業者は少なからず存在します。今回ご紹介した「単価」の算出方法を念頭に置いて、質の高いポスティング請負業者とそうでない会社をしっかりと見極めていきましょう。

第2回日本ポスティング・クオリティー大賞

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)