チラシでもっと集客したい!初めてでも安心のポスティング会社選び

ポスティングは配布会社選びが大切

季節の変わり目は自社の商品やサービスを見直すタイミングでもあります。新商品を発表したり、季節に合わせたイベント開催を企画したり。せっかくなら、一緒に集客方法も見直して、新しい取り組みがたくさんのお客様に届くように試してみませんか?
ポスティングは、インターネットやSNSと違って「チラシという配布物」が、自宅やオフィスのポストに「ダイレクトに届く事」が魅力です。エリアを絞って配布をすれば、ターゲットに的確に情報を届けられ、自宅に居ながら地域の情報を受け取る事ができるので、住民の方にも喜ばれています。きっと新しい商品やサービスの集客アップにもポスティングは大いに役立つでしょう。


今回は、そんなポスティングを今から始めてみようと考えている方々に、ポスティングのプロであるアドワールドが気をつけて欲しいポイントをご紹介します。
特に気をつけてほしい事は、チラシを配布する会社選び!対応エリアやチラシの配布単価はもちろん、クライアントのために配布会社がどこまで身を砕いてくれるかが実は非常に大切なのです。そんな会社を見極めるポイントをこれから順番にお伝えします。



配布スタッフのマナー教育をチェック!

ポスティングスタッフは、そのほとんどがアルバイトか契約社員、委託社員である事が多いです。中には配布スタッフを正社員として雇用し、ポスティングを実施している会社もありますが、人件費から考えても正社員はアルバイトの人数に対して大体一割程度。ほとんどが管理者で、ポスティングの現場に赴く頻度も多くありません。


しかし、実際にポスティングを行うのは配布スタッフたち。地域住民の方とクライアントである広告主とをつなぐ懸け橋となる存在なので、アルバイトや委託社員だからといって気を抜かず、マナー教育をきちんと行う必要があります。チラシをいくら効率よく配ったとしても、チラシの情報がいくらお得でも、身だしなみが悪く、愛想が悪く、チラシのポストへの投函の仕方が悪いのはNG。そのスタッフのマナーが悪ければ、集客方法としての効果は減ってしまいます。配布したチラシにネガティブな印象を抱かれないように、スタッフ一人ひとりがポスティングに対して高い意識を持つ事が大切です。


だからこそ、配布会社を選ぶ際、配布スタッフの教育をどれだけ熱心に行っているかがその会社を見極めるポイントになります。アドワールドでは、ポスティングスタッフ全員に青色の制服を着用するよう伝えて、まずは、身だしなみに気を遣うように。次いであいさつや表情、好まれる投函方法のルールなど、ポスティング未経験のスタッフにもしっかりと指導する事で、どこに出しても恥ずかしくないポスティングスタッフを育てています。



不安を解消するGPS&定期報告

ポスティング会社で特に重要な点がもうひとつ。それは、チラシの「配布管理」がしっかりと実施されているかという事。配布スタッフにマナーや配布方法をしっかり教育している場合でも、現場に任せてしまうのではなく、事務所側で現場の動きを常に把握し、トラブルなどにも即対応できるようにしておく事は、クライアントに安心していただくためにも必要です。


例えば、アドワールドでは、スタッフ全員にGPS端末を携帯させて、どこを歩いてどれくらいの時間を掛けてポスティングを行ったのか、すべて記録に残るようにしています。さらに、現場管理者によるチェックと管理本部(事務所)による二重のチェックを行い、常にポスティングの品質維持と向上に努めています。


ポスティングの配布開始だけでなく、配布終了時の報告書の提出も忘れてはいけません。理想は当日または翌日午前中までに行うのがベストです。クライアントにポスティング会社として信頼していただければ、スタッフのモチベーションや、ポスティング会社としての価値も高まります。
配布会社を選ぶ際には、GPSの有無や、配布開始と終了の報告が行われているかなど、チラシの配布管理についても確認を取るようにしましょう。



「配る」のではなく「届ける」姿勢

ポスティングによる集客は、これからますます需要が高まると期待されています。
ポスティング会社は、チラシを「配布する事」だけが仕事ではありません。チラシを配布する事で、クライアント一人ひとりが地域住民の方に伝えたいメッセージを「お届けする」役割を担っています。


初めてポスティングを検討された方でも、集客のパートナーとして信頼できる配布会社を選べるように、ぜひ今回ご紹介したポイントを確認してみましょう。


アドワールドは、ポスティングによる集客に特化した会社なので、チラシ配布の現場で得た膨大なノウハウを蓄積しています。チラシを配布して終わりではなく、配布後の反響までクライアントと情報を共有し、チラシ制作、チラシリニューアルなど、継続的にお客様の集客をサポートさせていただきます。
自社内にてチラシデザイン制作や、自社スタッフによる配布作業も行っているので、クライアントのご要望にスピード感を持って対応できるのも強みです。ポスティングの集客についてお困り事がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

集客のマンネリはポスティングで解決!旬なポスティング事情、教えます

今、ポスティングが熱い!

人と接触せずにチラシを配布できる「ポスティング」が、今、集客方法として多くの人に選ばれています。新型コロナウイルスの影響で、社会全体に「対面での会話を避ける事」「ソーシャルディスタンスを守る事」という意識が根づいてきました。マスク着用への抵抗が少なくなり、手洗いはもちろん、小まめな消毒・除菌も当たり前になりつつあります。


お客様の中には、これまで行っていた対面営業やイベントがいつも通りに開催できず、困っているという方も多いのではないでしょうか。


そんな中、お客様との接触を極力避けられ、自社のサービスやキャンペーンの情報をダイレクトに伝えられるポスティングは、集客方法として優秀だと言えます。チラシをポストに投函された地域のお客様も、情報収集のためにわざわざ時間を掛けずに最新の情報を知る事ができるので、メリットが大きいはず。特に最近の地域住民の方は、長時間の外出を避ける傾向にありますし、外出先で不特定多数の方が触った可能性のある広告物よりもポスティングのチラシの方が自宅に持ち帰りやすいかと思います。
自宅のポストに直接投函されるポスティングは、今だけでなく今後も需要が高まる集客方法です。



打ち出すべきは「ポジティブさ」と「お得感」

まだまだ自粛モードが続いていますが、最近では適切な対策を取りながら外出を楽しむ人も増えてきています。中には、ポスティングされたチラシで地域のお店の情報を知り外出した、という方も。「遠出ではなく近場で」という外出傾向が強くなっているので、ポスティングによる地域の情報提供は、地域住民の方から好感を得られるようです。


では、そんな地域の方々のために、配布する側はどんな事に気をつけてチラシを作るべきでしょうか。


まずは、配布したチラシは「不特定多数の方に見られる」という事を忘れてはいけません。受け取ったチラシによって気分を害される方が出ないように、コロナ関連の直接的な表現は避け、ネガティブな印象を与えないようにしましょう。 また、感染予防対策に関しては、できるだけ写真をつけてイメージが伝わるように。文字やイラストだけの説明はわかりにくくなるので注意が必要です。
他にも、来店を後押しする「割引券」や「クーポン券」をつけたり、「来店プレゼント」の存在を匂わせたり。お得感のある企画はチラシ全体をポジティブに印象づけるので、お客様からもきっと好感を持たれるはずです。同時に「すぐに買いに行かないと」とお客様の行動を後押しする役割も担っています。



潜在顧客へのアプローチにも

ポスティングで集客をするなら、忘れては行けないのが「潜在顧客」の発掘です。
「潜在顧客」とは、商品やサービスについてまだ認知していないだけで、その存在を知れば商品を購入したり、サービスを利用する可能性がある顧客の事を指します。きっかけさえあれば、反響や集客につながるので大切にしたい存在です。


ポスティングはこの「潜在顧客」にもアプローチできるのが強みです。と言うのも、ポスティングにおいて、チラシを配布するエリアや住宅事情はある程度選別しますが、郵便物のように個人を指定するわけではありません。チラシをどんな人に届けたいかといった観点から、条件に合う不特定多数の住まいに一斉に配布するため、その中には当然潜在顧客が含まれている可能性が高く、意識せずチラシを届ける事ができます。


例えば、不動産や整骨院、美容院、飲食店、学習塾など、店舗の近くに住む地域住民に来店してほしい業種なら、ポスティングによって新規の顧客獲得につながる可能性が高いです。



求められる販促物で捨てられない工夫を

ここまで最近のポスティング事情についてお伝えしてきましたが、ポスティングチラシのピックアップ率(自宅に持ち帰る確率)を上げる方法にも変化が出ています。


ポスティングチラシは、自宅ポストから取り出した瞬間に「必要か」「不要か」を判断され、場合によっては捨てられる事が多いのが現状です。内容のわかりやすさを重視するあまり、一瞬で「自分には必要ない情報」と判断される事もあるのです。
ですが、捨てられないために事前に打てる対策もあります。それが「販促」です。チラシにおまけをつける事で、一旦は自宅に持ち帰ってもらえる確率があがります。予算に余裕があるならぜひ試してみましょう。販促をつける事でチラシに目を通して貰いやすくなります。


最近なら、コロナ対策や夏場の暑さ対策を意識した販促がおすすめです。
例えば、薄手でコンパクトな「除菌シート」、アルコールを吹きつけて使える「ポケットティッシュ」、暑さ対策に便利な「うちわ」などが人気なようです。今だからこそ喜ばれる実用性の高いグッズを取り入れて、ぜひ集客アップを目指しましょう。


アドワールドではポスティングに関するご相談を随時受け付けております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

飲食店ポスティングの今!メニュー表で集客しよう

変化する飲食店のポスティング事情

自粛の影響で、私たちの暮らしに変化が生まれています。マスクの着用、手洗い・うがい・消毒の徹底、ソーシャルディスタンスの遵守…。外食に行く回数もぐんと減り、飲食店側も三密を避けるために受け入れ人数を制限したり、営業時間を短縮するなど、様々な工夫をしているようです。


その影響はポスティング業界にも。ターゲットのライフスタイルが変化しているのですから、今までと同様のチラシを配っていていいのだろうか?と思われるクライアント様もいらっしゃいます。これを機に、チラシの配布枚数やエリアだけでなく、掲載している内容そのものをしっかりと見直す必要があるのかもしれません。


そこで今回は、自粛の影響を受けながらも奮闘する「飲食店」のポスティングをテーマに、変化していくポスティング事情をご紹介。今まで何の問題もないと思っていたポスティング用のチラシが、自粛の影響でどのように変わっていくのか、これからどのように対応すればよいのか記載していきたいと思います。



テイクアウトやデリバリーで集客しよう

飲食店の場合、緊急事態宣言や外出自粛要請などを受けて、テイクアウトやデリバリーなどのサービスをスタートさせたお店も多いのではないでしょうか。
家賃や人件費など固定費を少しでも補うために、お客様の来店をただ待っているのではなく、お店側から積極的に新しいサービスを展開する事は素晴らしいと思います。


周囲にしっかりと新サービスを告知する必要があるので、まずは店頭にのぼりや看板を設置しましょう。しかし、それだけではまだまだ不十分。人通りの多い立地でも、これからは通りがかりのお客さんを待つスタンスではなく、お店側から一人ひとりのお客様に攻めの姿勢でアプローチしていく必要があります。
HPやSNSで不特定多数の方にアナウンスしながら、メルマガやLINE登録を行っている場合は既存の顧客にもしっかりとメッセージを送り、新サービスを認知してもらえるように努力しましょう。


また、新規のお客様を獲得するには、貼り紙や看板、ビラ配りなども有効ですが、自粛の影響で人の往来が減っている中では中々気づいてもらえないかもしれません。そこでポスティングの出番!これからは集客にも一定の距離を保つ事が求められるため、非接触型でありながらターゲットにダイレクトにアプローチできるポスティングは、とても有効な告知ツールです。



出来たて!野菜たっぷり!などの文言も◎

チラシの内容に関して言えば、「キャンペーン」や「新商品」などを大々的にうたうのではなく、デリバリーやテイクアウトなどのメニューをたっぷり掲載する方をおすすめします。


その際、ターゲットが何を求めているかを想像してみましょう。
チラシにたくさんメニューを掲載すれば、飽きずに定期的に頼んでもらえるかもしれませんし、チラシを保管してもらえる確率も上がります。子供向けのメニューだけでなく、大人向けのものもあれば、家族全員の満足度が高まるので素敵ですよね。スピード感のある配達、それによって可能になる出来たての料理の提供、価格も良心的な方がうれしいですし、栄養バランスがいいと一人暮らしや単身者、子育て中の方にもより喜んでいただけます。


また、最近は高齢者の一人暮らしが増えているので、高齢者が多く住んでいるエリアにポスティングをするなら、メニューの内容を改めて考えてみましょう。健康面への意識が高いので、味つけや塩分を控えてみたり、料理の量も多すぎればいいというものではありません。また、チラシのメニュー名や電話番号など、注文の際に必要となる情報は、文字のサイズにまで配慮を。HPやSNSを利用しない世代なので、チラシを配布すればきっと興味を持ってもらえるはずです。



メニュー表のポスティングならアドワールドへ

いかがでしたか?まだまだ先行きが見通せないご時世ですが、だからこそ、今できる事があるなら積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。


飲食店は他の業種と違って、お客様が利用する機会が多いので、サービス内容が画期的でターゲット層のニーズに合っていれば、きっと何らかの反応があるはずです。
また、ポスティングチラシに美味しいメニューをずらりと載せれば、「メニューを選ぶ」という楽しみをご提供する事にもつながります。


巣ごもり需要が増えている状況だからこそ、デリバリーやテイクアウトのメニュー表(チラシ)も、いつか必要になるかもしれない、と捨てずに取っておいていただける可能性が高く、それこそが飲食店の強みなのです。
ぜひ一度ポスティングによる集客を試みてはいかがでしょうか。


アドワールドでは、クオリティの高いチラシのポスティングはもちろん、チラシ制作にも力を入れています。専属のスタッフがクライアント様一人ひとりにあわせた最適なチラシデザインをご提案させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

広告物を雨から守れ!雨の日のポスティング対策

傘とビニールでしっかりカバー!

梅雨の時期に入ってから、雨が降る回数もぐっと高くなりましたね。
今日はそんな雨の季節にぴったり!「雨天時のポスティング」についてお話しします。
お客様からも度々「雨が降ってもポスティングはしているんですか?」とご質問をいただきますが、もちろんです!雨が降っているから今日はお休み、なんて事はありません。アドワールドでは雨を避けるのではなく、雨と上手に付き合う工夫をしています。


まずは、雨が降った時の基本である「傘」。雨量にもよりますが、少々の雨なら傘を差してチラシを配布します。さらに、ビニール袋で広告物を濡らさない対策も。ポスティングスタッフはリュックサックに補充用の広告物を入れて持ち運ぶのですが、雨天時にそのままチラシを入れてしまうと、雨水がリュックの中に浸透してしまう場合があります。
そこで、リュックサックの中にビニール袋を入れて、その中に広告物を入れるように。チラシ全体をビニール袋で包んでしまえば、しっかりと保護されているので安心です。
また、雨量が特に多い時は、リュック内部にタオルを詰めて、水分をしっかり吸収!雨水の侵入を防ぎつつ、補充用のチラシを出し入れする際に手をしっかり拭く事もできるので、一石二鳥というわけです。



現場で活躍中のアイテムたち

なぜここまで広告物を濡らさないように気をつけるのだと思いますか?
ポストに投函されたチラシが濡れていると、お客様が受け取った時の印象が悪くなるばかりか、既に投函されている他の郵便物にも迷惑が掛かってしまいます。


また、チラシは濡れるとくっついて、色移りが発生してしまうので、写真や文字が見えにくくなってしまいます。せっかくポスティングをしたのに、チラシを見ていただけなければ意味がありません。ましてやポスティングをした事でクライアントのイメージダウンにつながるなんて事は、絶対にあってはならないのです。


だからこそ、ポスティングの現場では雨対策として様々なアイテムが使用されています。
例えば、現場スタッフがオススメなのは「A4サイズくらいの蛇腹仕様のファイル」。簡単に手に入りやすいこの蛇腹ファイルは、大半がプラスチック素材なのでチラシを雨水から守ってくれます。また、仕切りがついているので、チラシの配布枚数をカウントする際にも大変便利!


ウエストポーチを活用しているスタッフもいます。おすすめは水を通さない素材で、マチつきのもの。マグネットタイプの広告物がすっぽり入るので、配布がラクになりますし、二つ折りのA4サイズのチラシが入るサイズも販売されているようです。雨天時は傘で片手が塞がってしまいますが、ウエストポーチなら腰に巻くだけなので、手を使わずに広告物を持ち運ぶ事ができます。



スタッフ自身が濡れない事も大切

ここからはポスティングスタッフ自身が濡れないための工夫をご紹介。広告物を濡らさない事が第一ですが、同時に自分がずぶ濡れになってしまうのはできるだけ回避しましょう。雨水が体に直接当たると体が冷えて体調を崩す原因になりますし、マンションやアパートなどの集合住宅でポスティングを行う場合、体から雨水が落ちてエントランスや共用部を汚してしまう原因にもなります。


手軽なアイテムはやっぱり「傘」ですが、「レインコート」も上下で着るとしっかりと雨を防ぐ事ができます。さらに、レインシューズの着用もおすすめ。ただし、レインシューズや長靴は少し重さがあるので、現場スタッフは「トレッキングシューズ」を愛用している人もいるようです。トレッキングシューズは足首部分までカバーされているので、ズボンタイプのレインコートと組み合わせれば、水分をしっかりと防ぐ事ができます。レインシューズより軽く、丈夫で、濡れた道でもスリップを防いでくれます。


ちなみにレインコートを着るなら時期に要注意!雨は防げますが、夏場は汗で蒸れるので快適性は下がってしまいます。レインコートの上下セットは冬場の使用をおすすめします。



状況を見ながら臨機応変に!

ここまでご紹介した雨対策は、天候の乱れが事前にわかっていた場合のみ。季節によって局所的に天候が急変し、ゲリラ豪雨になる可能性もあります。


現場スタッフも常に雨対策のアイテムを持ち歩いてポスティングをしているわけではないので、突然天候の変化に遭遇したら、潔くコンビニなどに避難して雨宿りをしましょう。また、雨天時のポスティング中、天候が悪化し傘だけではどうにもできない台風や雷雨、積雪などに遭遇する事があります。そういった場合、無理をして配布するのではなく、身の安全を考える事も大切です。


アドワールドでは、天候が不安定な場合、事前にお客様に配布時期を多めにいただく事があります。また、様々な対応策を検討した上で、悪天候によるポスティング中止や、日程変更をご相談させていただく場合もございます。
雨が降っても晴天時と変わらない品質でポスティングがお届けできるように、臨機応変に対応させていただきますので、どうぞご安心ください。

アドワールドスタッフ直伝! 良質なポスティングは健康管理から

「健康」がポスティングの質を高める?

みなさんは普段から健康管理のためにどのような事を心掛けていますか?
たっぷりの睡眠時間、規則的な食事、程よい運動量。誰もが一度は耳にした事があるフレーズですが、ポスティングを行う上でこれらは非常に重要です。
一体なぜでしょうか。実は、ポスティングの基本である「歩く」事は、体力はもちろん、頭で考える思考力が必要になる業務だからです。


ポスティングは主に外で行われる仕事です。その日に配布する担当チラシを持って、ターゲットの自宅ポストに適切にチラシを配布していく。地図を見ながら、時間配分を考えながら、チラシの枚数を計算しながら、と様々な事を同時に考えながら歩き続けるわけですから、「朝ごはんを食べていないから力が出ない」「眠くて頭が回らない」なんて事態は絶対に回避したいところです。
特に、健康管理を怠る事で、ポスティング中に転倒したり、体調不良で倒れるリスクも高まります。良質なポスティングを行うためには、体調を管理し、常に健康体でいる事が大切なのです。



油断せずキチンと事前準備しよう

基本的な健康管理について学んだあとは、現場スタッフの声をもとにポスティングの注意点を学びましょう。


まず、事前準備として気をつける事は「靴選び」。よくウォーキングをする際に「履きなれた・歩きなれた靴を選びましょう」と聞きますが、ポスティングを行う場合は、それに+αとして「ウォーキングシューズ」の着用をおすすめしています。
ウォーキングシューズは、靴自体が非常に軽いので、歩く際の体への負担を軽減してくれます。スニーカーなどと比べてもポスティングのように時間を掛けて、長い距離を歩くならウォーキングシューズが断然おすすめ!
疲労感がまったく違うと現場スタッフからも声が届いています。


また、ウォーキングシューズを購入したら、ポスティング初日に初めて履いてくるのではなく、まずは家の周囲を散歩して、ある程度足に馴染ませるようにしましょう。
好みのウォーキングシューズを履いたら、チラシ配布に出発する前に必ず準備運動も忘れずに。簡単なストレッチでもいいので、丁寧に体をほぐすようにしましょう。



夏場は熱中症対策を徹底的に

これからの季節、特に注意しなければならないのは「熱中症」です。
炎天下の中で長時間ポスティング業務を続けると、大量に汗をかき、体に必要な水分や塩分が不足して体調不良を起こしてしまいます。
もちろん、アドワールドではそういった事態を避けるために、ポスティング時の小まめな水分補給や小休憩を取るようにしっかりと伝達し、スタッフ一人ひとりの体調の変化にも気を遣うようにしています。帽子をかぶったり、熱中症対策グッズを活用するのもオススメです。


また、チラシを持ち運ぶ量にも注目。一度にたくさん持ちすぎてしまうと、かなりの重量になり、体への負荷が大きくなります。スタッフの中には好んでチラシを多く持ち運び、筋トレ代わりにする強者もいますが、気軽に真似をするのは控えましょう!
体力に自信がない場合は、一度に持ち運ぶチラシ量を制限して小まめにチラシ補充を行う事もOK。スタッフの中には、カバンは敢えて待たず「手に持てるだけ」と決めている人もいます。
自分の身体能力や体力について自覚して、ベストなポスティング方法を探すのも立派な健康管理のひとつ。アドワールドでは、ポスティングにチーム制を導入しているので、スタッフ同士が助け合いバランスの取れたポスティングになるようにしています。


また、夏場に屋外でマスクを長時間着用していると、熱中症の危険が高まりますので、こちらも十分注意しましょう。



健康的に「歩く」を極める

ポスティングで大切な「健康管理」について、イメージできましたか?
健康について意識する事はポスティングの質をあげる事にもつながります。無理をしすぎては体への負担が増えてしまうので、自己管理をしながら効率よくチラシを配布できるようにしましょう。ポスティングの効率がよくなれば、必然的に歩く距離が減るので、体への負担も減っていきます。しっかりと健康管理を行い、一人ひとりがベストな歩き方を極めていきましょう。


また、今回のテーマでは「ポスティングにおいて」という部分を強調しましたが、体調管理を行い、健康的に業務に取り組むという事は、どんな仕事においても共通して言える事です。ぜひ意識してみましょう。


これからは「健康」や「体調管理」について今まで以上に世間の意識が高まっていく事が予想されます。だからこそ、アドワールドではポスティングの質を高め、クライアントの方々一人ひとりに寄り添ったチラシデザイン、配布方法のご提案をしていきたいと考えています。


ポスティングをご検討中の方は、お気軽にアドワールドまでお問い合わせください。