toppage_test

ただチラシを配るのではない 店主の祈りを届けるのだ
  • ポスティングをもっと知る 対応エリアや価格表
  • ポスティングを依頼する お見積もりフォーム
  • どんな会社か見てみる 会社概要
ポスティングのアドワールド
  • ポスティングをもっと知る 対応エリアや価格表
  • ポスティングを依頼する お見積もりフォーム
  • どんな会社か見てみる 会社概要

0120-663-378

  • 日本ポスティング協同組合
  • 近畿ポスティング協同組合
  • 首都圏ポスティング協同組合
  • 全日本ポスティング協会

tel0120-663-378

高品質なポスティングを大阪から

雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も
ひとり、1日数千枚のチラシを配ります。

クライアント様とお客様のご縁は1枚のチラシから全てが始まります。

チラシを1枚も無駄にせず、丁寧に配布します。
「ポスティングに真っ直ぐ」

今日も両手いっぱいにチラシを持って、全国のポストを駆け巡ります。

ポスティング会社を大阪でお探しなら

大阪に強いポスティング会社

大阪発のポスティング会社だから地元に強い!

アドワールドは大阪発祥のポスティング会社です。だから地元大阪のポスティングについてはノウハウを知り尽くしています。

今までのポスティングよりも費用対効果を上げたいといった場合や、東京の企業が大阪で初めてポスティングをする場合など多くのクライアント様よりご依頼いただいております。

大阪市内124万5千世帯と大阪府下の市町村を合わせて383万世帯へのポスティングにアドワールドは自信を持っています。また、大阪で育てたノウハウを全国に発信し、ポスティングという業務をお客様の為に突き詰めながら、企業としても成長を続けてまいります。

大阪の対応エリア:北区・福島区・淀川区・西淀川区・東淀川区・中央区・西区・都島区・城東区・旭区・浪速区・天王寺区・港区・此花区・鶴見区・大正区・西成区・阿倍野区・生野区・東成区・住之江区・住吉区・東住吉区・平野区・堺市堺区・北区・豊中市・吹田市・守口市・東大阪市・堺市西区・中区・南区・寝屋川市・大東市・門真市・摂津市・茨木市・高槻市・八尾市・松原市・堺市東区・美原区・四條畷市・交野市・藤井寺市・柏原市・羽曳野市・高石市・泉大津市・和泉市・枚方市・池田市・箕面市・富田林市・大阪狭山市・岸和田市・貝塚市・河内長野市

最近の投稿

アドワールドのポスティング

ポスティングでチラシを配布

ポスティングでチラシを配布

アドワールドはポスティングによりチラシを配布する会社です。ポスティングとはスタッフがチラシを手に持ち、ご指定のエリア一軒一軒のポストにチラシを投函するチラシ配布方法です。ポスティングの起源は、延宝元年(1673年)に伊勢松坂の商人である「三井高利」が江戸で開業した呉服店の値段をチラシ(当時は引き札)にして江戸中の家に配ったことが始まりと言われています。それ以来300年以上も続くシンプルかつ効果的な広告手法です。

大阪ではこの広告物を「撒き散らし」ながら街角で配布したことから「チラシ」という呼び名が使われるようになっていきました。当時は広告手法として斬新だったそうで噂が噂を呼び、この「チラシ」が全国に広まって行ったそうです。やがてチラシは「撒き散らし」だけでなく住宅に配布されるようになり、確実に手元に届く広告へと進化を遂げていきました。まさにポスティングという広告手法は大阪商人の魂が込められたチラシの配布方法だったのではないでしょうか。

アドワールドでは「お預かり枚数=(イコール)配布枚数」をモットーに一枚一枚のチラシを大切なお預かりものと考え、一枚も無駄にしないようにポスティングを行っています。アドワールドは「チラシ」発祥の地でもあり、反響に特にうるさい大阪で創業した会社です。お客様の反響を第一に考え「ただチラシを配るのではない。店主の祈りを届けるのだ。」を経営理念に掲げています。

ポスティングでの方法

ポスティングの方法

ポスティングの方法は非常にシンプルですが、アドワールドのポスティングは精度、反響率を高める為に様々な工夫がなされています。アドワールドのポスティングスタッフは全員が自社雇用のスタッフです。全員アドワールドのブルーの制服を来てポスティングを行なっています。私服で配布することに比べてクライアント様のイメージを損なわず、周囲から見られる緊張感を高め、自然とチームワークを意識します。アドワールドという看板を背負って配布しています。

また、同業種のクライアント様のチラシを一緒に配布することはありません。チラシの反響率を高める為に、複数のチラシを配布する際には、必ず別業種のチラシを併せて配っています。組み合わせを変化させて配布ができるのは、取り扱い部数の多いアドワールドだから成せる技。クライアント様が配布を希望しているエリアで、様々な業種のご依頼がなければ、組み合わせを考慮して配布することはできません。

ポスティングスタッフは、毎朝各営業所に出勤します。そこで今日配布する場所の確認を行います。2〜3名が1組になって行動する「小グループ制」を導入しています。お互いの配布状況ならびに体調管理やサポートも行うことができ、配布部数がまだまだ少ない新人スタッフの分を、ベテランスタッフがカバーしながらポスティングを行うこともあります。ポスティングが終わると各営業所へ戻り、配布報告を行います。社員はポスティングスタッフと顔をあわせながら、配布状況や変わったことがないかなどコミュニケーションを取りながら常に情報収集を行っています。

ポスティングの品質

ポスティングの品質

アドワールドのポスティング品質は高いことで定評です。全国規模のクライアント様よりご依頼いただいた際、全国1位の反響数を挙げ大変お喜びいただきました。今まで反響が出なかったのにアドワールドで配布を行ったところ急に電話が鳴り出だしたと言っていただけることもあり、反響を多くあげることにおいては自信を持っております。

反響をあげる為の秘訣はシンプルです。コツコツと一軒ずつ確実に配布することに徹することです。ポスティングは楽をして反響をあげることはできません。そのエリアに対して高い密度でチラシを配布することが第一です。私たちはGPSを身につけ、配布しながら歩いた軌跡を記録するようにしているので、誰がどこをどのように歩いたかが一目瞭然です。町の中をしっかりと高密度に歩き、ポスティングをした事実が反響となって現れると考えています。

その他にポスティングの品質として気をつけていること。それは配布時に綺麗に投函する技術です。配布枚数を上げようと、配布スピードを上げるあまりチラシをくしゃくしゃに投函していてはいけません。お客様は大切なチラシを「不要なもの」と感じてしまいます。手に取ってもらい、自宅へ持ち帰り、手にとって広告を見てもらうには、最初の段階である「投函」を綺麗にすることを意識しています。全てのポスティングスタッフがクライアント様からお預かりしたチラシを大切に扱い綺麗に投函することを徹底しています。

ポスティングの求人

ポスティングの求人

アドワールドではポスティングスタッフの求人募集を常に行なっています。単調な仕事に見えるかもしれませんが、実は配り切った後の達成感やエリアを制覇した時の喜びもあり、いろんな場所に行くことができてやりがいのある仕事です。ご想像の通り、運動不足の解消にも効果的。街の中を隈なく歩き回りながらポスティングを行うので、様々な景色や今まで気づかなかった街の表情を発見することができます。

アドワールドでは自社のポスティングスタッフによる配布が基本です。自社スタッフなので、社員教育やマインド、技術の共有を行いやすくポスティングの品質が高いのも特徴です。大阪において自社スタッフの在籍数はナンバーワン。月間の配布能力も1000万枚以上と大阪で最大級の実力を誇ります。また、GPSでの配布管理やチェッカーによる配布の品質チェックの体制もしっかりと行なっています。

スタッフ同士の交流もそれぞれ自由で、帰社しての配布報告を終えた後の団らんや定例食事会、ソフトボール大会なども実施しています。小チーム制での配布なので、多くの仲間に気遣うこともなく、自分のペースで仲間ができて仕事もしやすい環境です。もっと詳しくポスティングの求人について知りたい方はこちら
>>>ポスティングの求人

お知らせ

H30年4月1日足立営業所 開設
H30年1月1日日本橋営業所 開設
H29年1月6日公式ホームページリニューアル
H28年11月26日名古屋営業所 最優秀従業員賞 発表
H28年10月19日2016年新規事業 第4回勉強会(主催:日本ポスティング協同組合)

大阪の本社・営業所

大阪本社

〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3
TEL:06-7739-7026 FAX:06-7739-7027

日本橋営業所

〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町3-7-3
TEL:06-6734-6280 FAX:06-6734-6281

  • 大国営業所

    〒556-0014
    大阪市浪速区大国2-1-6
    TEL:06-6633-7890 FAX:06-6633-5569

  • 梅田営業所

    〒531-0072
    大阪市北区豊崎2-9-6 新大淀ビル1F
    TEL:06-6375-8808 FAX:06-6375-8809

  • 堺営業所

    〒590-0974
    堺市堺区大浜北町3-4-7 ダイトクビル1F
    TEL:072-260-4901 FAX:072-260-4911

ぼく、まきべえっていうんだ。よろしくね!

ポスティングでお客様を発掘しよう!

blog111

持っているデータをもう一度チェックしてみよう

本日のブログでは、ポスティングでお客様を発掘するために、どのように配布エリアを決めると良いのかお話します。
ポスティングが他の広告宣伝方法と異なるのは、「お客様のいそうなところをピンポイントで狙える」ところです。

これは最大の強みと言えるでしょう。

※以下の記事でも配布エリアの決め方についてお話しております。

チェック項目①お客様がいそうなエリアは…?

今回は新規オープンではなく既存の店舗でのポスティングの場合について考えてみます。
この場合のエリア決めで用いるのは、顧客リストです。

何を確認するかというと、「どの地域から来店されるお客様が多いのか」です。

これは単純に来店人数が多い地域が良いのではなく、世帯数に対しての来店人数の割合が大切になります。
例えば、A町1丁目から10件、2丁目から20件来店があったとします。

2丁目の方が多いように見えますが、世帯数をみたときに1丁目が500世帯、2丁目が1500世帯だとしたら?
お客様が来店する割合は1丁目の方が高いということがわかります。

さらに注意したいことがあります。
ポスティング以外での集客結果を利用するのであれば、集客対象に制限がないか確認しましょう。

例えば、新聞折込の場合は新聞購読率に左右されてしまいます。
新聞を購読していない人には広告が届かないわけですから、実際ポスティングをしてみたら新聞折込で反響が出なかったエリアから反響があった、というのは珍しくない話です。

また自店の商圏を把握するためにも、来店されたお客様の中で一番時点から遠い地域はどこなのかもチェックしておきましょう。

チェック項目②届けたいお客様はどんな人…?

続いては、「どのようなお客様に来て欲しいか」について考えます。
以下のような項目から考えてみましょう。

・来店手段 / バス?電車?車?
⇨自店までのルート周辺に配布しましょう。
・年齢層
⇨学生 / 学生マンションやアパートが多いエリアを狙いましょう。
⇨若者 / 住人の年齢層が若いエリアを狙いましょう。
⇨高齢者 / 古い団地群や住人の年齢層が高めのエリアを狙いましょう。
・世帯の特徴 / 世帯年収
⇨ツールを使用して調べることが可能です。

競合店の存在にも注意

ここまでしっかりエリアを絞った!よし!と思う前に、競合店が近くにないかチェックしておきましょう。
というのも、競合店が近くにあるエリアでは互いの商圏が被ってしまい、反響が出にくくなるからです。

このように様々なことを考えながら、配布エリアを決めていきましょう。
さらにエリア状況は常日頃変化していくものですので、ポスティングを数回繰り返しながらアップデートしていきたいですね。

アドワールドの配布精度の秘訣

blog110

エリアとスタッフの把握が肝心!

「アドワールドの良いところは?」と聞かれて自信を持ってお答えできるのは、「配布精度の高さ」です。
クライアント様からもお褒めいただくことが多く、大変嬉しく思っております。

本日のブログでは、その配布精度が何によってもたらされているのか?
2つの秘訣をお伝えいたします。

①ポスティングの経験値から教えられることがたくさんある

営業所の社員は、皆自分自身がポスティングを長期間経験した人たちであり、 枚数が出にくいエリア・体力が必要なエリアなど、エリアごとの特徴を熟知しています。
そのため、配布スタッフを送り出す際に、気をつけるべきポイントなどをあらかじめ注意喚起することが可能なのです。

また配布に関しては併配が基本となっていますので、時にはややこしい配布が発生することがあります。
例えば、一種は軒並み配布ですが、もう一種は戸建限定の配布のような場合です。

こうした配布は度々出てきますが、配布スタッフが誰でも経験するものです。
逆に言えば、どの配布スタッフでもできるようにならなければいけないのです。

慣れるまでは時間がかかることももちろんありますが、何度かやっていくうちにできるようになり、配布スタッフも自信が持てるようになります。

②配布スタッフとこまめにコミュニケーションをとっている

アドワールドのポスティングでは、配布に関して最低でも3回の報告が必要です。
※こちらについての詳細は、『そこが気になる!ポスティング時のお昼休憩』の記事をご覧ください。

この報告以外にも、現場に出たスタッフから電話がかかってくることがあります。
例えば、「この物件は入れても良いか?」といった質問や、ポスティング時に起きたトラブルをどう対処するか、などです。
そんな時も、社員は的確なアドバイスができるので、配布スタッフは安心して質問・相談ができ、配布に集中することができます。

配るのは結局「人」

高い配布精度を維持するために必要なのは、配布テクニックだけではありません。

誰もが同じレベル・モチベーションを保つためには、配布スタッフの性格なども含め、どのエリアを任せるかや、どのようにして配布レベルを高めていくのか、といった人の育成が重要となっていきます。
それが組織として強くなっていくために必要なことであると考えます。

このように、エリアの知識とスタッフとの日々のコミュニケーションを通じて、アドワールドでは高い配布精度をみなさまに提供することが可能になっているのです。

ポスティングをお考えの方は、ぜひ一度アドワールドのポスティングクオリティを体験してみてください!

ポスティングで結果を出す人の共通点

blog109

ポスティングをする意図・計画が明確!

「ポスティングをしているけど全然結果が出ない…」とお思いの方、「ポスティングは合わないかも!」と決めつけてしまうのはちょっと待ってください!
ポスティングで結果を出す人には、3つの共通点があるのです!

このブログを読めば、ポスティングで結果が出なかった原因がわかるかも…?!
ぜひ最後までお付き合いください。

①一度では結果が出ないことを知っている

広告宣伝というのは、何よりもまずご自身のお店や会社を認知してもらうことが大切です。
広告手法は様々で、雑誌や新聞・CM・DM・メルマガなどがあります。

ターゲットや広告費によって選ぶ手法は異なりますが、共通しているのは、『一度で大当たり!』はまずない、ということです。

ポスティングも同じ。

ポスティングで結果を出している人は、このことをよく理解しています。
そして、ポスティングを1年以上は継続しているのです。

②何を伝えたいのかがわかりやすい広告を作っている

ポストを開けて手に取り、捨てるかとっておくかを判断するのはたった数秒間です。
どれだけチラシの作成に時間をかけたとしても、一瞬で判断されてしまいます。

最近ではインターネットやニュースアプリ、TwitterやInstagramなどのSNSの発展によって、私たちの周りには非常に多くの情報が溢れかえっています。
ということは、ただ情報が羅列されただけのチラシでの集客は、非常に難しいのです。

つまりチラシを手に取った人が、「こんな情報が欲しかった!」と思えるような情報を記載していることが重要となります。

特に明確に伝えたいのは、「お客様にとって、どんなメリットがあるのか」です。

例えば、

  • どんな特典があるのか
  • どれだけお得なのか
  • 他のお店とは何が違うのか

などです。

効果が出るポスティングのチラシとは』でもチラシの作り方についてお話していますので、ぜひ参考にしてみてください。

③ポスティングはお客様にとって良いもの

ポスティングで結果を出す人は、「ポスティング=良いもの・魅力的なもの」と考えています。

「このチラシを見た地域の皆様を喜ばせよう!」と考えているうえ、チラシの内容にも自信を持っているので精度高くポスティングをすることができ、反響を得られやすくなる結果が出ています。
これは20年以上ポスティングに携わり、様々なチラシを見ていく中でお客様から教えていただきました。

反対に、「自宅のポストに投函されるチラシが迷惑だ」と常日頃思っている人がポスティングする場合は「このチラシ投函したら怒られるかな~、迷惑かな~」などと考えてしまい、配布精度が雑になる結果、反響を得られにくくなるのです。

あなたもポスティングでお客様に喜んでもらいませんか?
お気軽にアドワールドにお問い合わせください!

いざ挑戦!ポスティングを始めるための3STEP

blog108

配布時期・エリアor枚数・広告サイズを決めよう

ポスティングを行うにあたって考えなければいけないことは以下の4つです。

  • 配布時期
  • 配布エリア
  • 配布枚数
  • 広告サイズ

まず配布時期に関してですが、業種によって配布するのにおすすめな曜日が変わります。
例えばファミリー向けのイベントや飲食店など、週末に集客が見込めるものに関しては、金曜日や土曜日などに配布すると見てもらいやすいでしょう。
火曜日や水曜日は、スーパーなど主婦層をターゲットとしたチラシが多く入りやすくなります。

週末はどうしてもチラシが多くなりがちです。
ポストは一日に一度開けるか開けないかくらいですから、どうしても他のチラシに埋もれてしまう確率が高くなってしまいます。

逆に言えば、週明けはチラシの量が少なくなる傾向であるということですので、絶対にこの曜日でないといけないということがないのであれば、月曜日などに配布するのもおすすめです。

配布エリア・枚数はどう決めればいいの?

エリアと枚数には密接な関係があります。
そのため、配りたい枚数やポスティングにかける費用からエリアを選定することがほとんどです。

エリアを決める際に大切なのは、自店の商圏エリアはどこなのかをしっかり把握しておくことです。
それによって、エリアと枚数の配分が変わってきます。

例えば3万枚をポスティングすることになったとしましょう。
週末限定のイベントなどの場合は、その日を狙っての集客となるので、いつもより商圏エリアが拡大しています。
そのため、広範囲に一気に3万枚配っても集客効果は見込めるかと思います。

そうではない場合は、自店より遠く離れたエリアからの集客はあまり見込めないので、エリアを絞って1.5万部を一度配り、1ヶ月後に同じエリアにもう一度1.5万部を配布した方が集客できる可能性が高くなります

ポスティングに適した広告サイズは?

最後に広告サイズについてお伝えします。
ポスティングする以上、ポストに収まるサイズにするのが必須です。

なお、A4・B5サイズ以上の場合はチラシを折ることになります。
A4・B5は基本的に二つ折り。A3・B4以上は三つ折りとなります。
このことを考えてチラシのサイズとデザインを決めましょう。

この選択を誤ると、伝えたいところが折られて見えなくなってしまうこともあります。

特にキャッチコピーなどの位置には十分注意しましょう。

「それなら折らないでポスティングしてよ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合はポストからはみ出したり、チラシがぐしゃぐしゃになる危険性があり、そのまま見られずにゴミ箱行きになる恐れがあるのでご注意ください。

悩んだらまずはお気軽に相談!

いかがでしたでしょうか。
最後にポスティングを始めるのに決めておくべきことをおさらいしましょう。

  • 配布時期
  • 配布エリア
  • 配布枚数
  • 広告サイズ

これらの要素はポスティングの効果を高めるためにとても大事な項目ですので、しっかりじっくり考えましょう。
もちろん決められない場合もあるかと思いますので、そのような時はポスティング会社に相談してみてください。

チラシを捨てられないためにポスティング会社ができること

blog107

チラシを見る側の視点を忘れないこと

昔はテレビCMで流れる音楽が、毎日のように聞いているうちに耳から離れなくなった、ということもあったでしょうが、最近では「テレビ離れ」という言葉があるように、毎日テレビを観る人が少なくなったとも言われています。
それに対し、私たちはほぼ毎日ポストを開けています。
ということは、あらゆる広告媒体の中でも、ポスティングチラシは目にしてもらう頻度が高いと言えるのではないでしょうか。

何度か目にしていると、「またか」という気持ちが全く起きない訳ではありませんが、気づけば記憶に残っていたりするものです。
特に「新規オープン」といったチラシは、何よりもまず認知してもらうことが優先事項。

本日のブログでは、初心に帰り、チラシを捨てられないためにポスティング会社として何ができるのかを考えてみたいと思います。

手元に置いてもらえないチラシはゴミ

残念ながらいらないと思われたチラシはゴミ箱行きです…
それを防ぐためにポスティング会社ができることは、「チラシをポストからはみ出させない」ということです。

ポストからチラシがはみ出ていると不快な気持ちになりますし、そうなると大抵くしゃくしゃになっているのでわざわざ開いて見ようともしなくなってしまいます。
そうなってしまうとせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

アドワールドでは、チラシを手に取った瞬間から気分・印象が悪くなるようなことはしない!というのを基本とし、一枚でも多く手に取ってもらえるよう、この基本に忠実にポスティングの教育を行なっています。

ポスティングする側も人間

天候というのは、ポスティングの進度に大きく影響を与えます。
ポスティングする側も人間なので、どうしても左右されてしまうのです。

例えば配布枚数がなかなか出ないのに時間だけが刻々と過ぎていくことに焦り、結果ポストからチラシがはみ出てしまう…ということもありえます。
そうならないために、スタッフ同士で助け合うことも必要なのです。

さらにスタッフが気持ちよく配布に出られるように環境を整えるのは社員の務め。
スタッフに声をかけたり、フォローを行なったりしていています。

良いポスティングを行うためには、技術だけを教えればいいという訳ではないんですね。

具体的な数字で見る側を惹きつけよう

長年ポスティングに携わってきて、反響が出やすいチラシには具体的な数字が記載されていることがわかってきました。
「期間限定」「数量限定」といった限定品に弱い方も多いですよね。

限定には期限も含まれます。「○月○日まで!」や「本日限り!」といった語句があると、「この日を逃すともったいない!」という気持ちが生まれて足を運びやすくなる傾向があります。
個人的には「ランキング1位」という言葉に惹かれがちです…笑
というように、具体的な数字は強く印象に残りやすいのです。

今後も、アドワールドはチラシを見る側の視点を忘れず、ポスティングに取り組んでまいります。
さらに、チラシのデザインからお手伝いすることも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください!