テーマによってどう変化する? 実例から学ぶチラシデザイン

フード宅配、不動産、セミナーや講演会、コンサートなどのイベント告知…。ポスティングは様々な業種で活用されていますが、成功しているチラシデザインにはどんな特徴があるのでしょうか。シンプルなデザイン? インパクト重視? 手書きで攻めるべき? アドワールドのポスティング成功事例をもとに、様々なチラシデザインについてお伝えします。

飲食系は“シズル感”と“品数”をアピール

全国にファミリーレストランを展開する大手外食チェーン店の「宅配サービス」の例をご紹介します。
同社はテレビCMをはじめ、マス媒体への広告も頻繁に出稿していますが、宅配サービスの告知においてはマス広告をあまり利用していません。一体なぜでしょうか。
実は宅配サービスの利用者は、多忙な方が多く、仕事が夜遅くまで続いていたり、介護や子育てなど、料理をする余裕がない場合が多いため、マス広告よりもポスティングチラシの方が効果的なのです。

疲れている時に美味しそうな料理が載ったチラシが目に入ってくれば、思わず注文したくなるもの。だからこそ、チラシデザインには、生活者の背中を押す仕掛けを取り入れています

例えば、チラシを手に取って一番に目に入る場所には、看板メニューを堂々と掲載し、シズル感のある写真をレイアウト。中面には、お弁当を中心とした定番メニューをずらりと並ばせつつ、宅配でも店舗と同じ味が楽しめる事をビジュアルで表現しています。
宅配サービスは、パーティーメニューの利用者も多いため、チラシ全体のバランスを見ながらパーティーメニューについても丁寧に情報を伝えています。さらに、最近はネット注文が普及しているため、検索ボックスを大きくレイアウトしてネットからの注文を促すようにデザインしているのもポイントです。

低コスト・長期配布で見覚えのあるチラシに

続いてご紹介する実例は、関西エリアを中心に、家庭や店舗の不用品片付けや買い取り、遺品整理のサービスを行っている企業。
こちらの企業は、扱っているサービス内容から広範囲かつ長期的なポスティングが効果を見込めます。そのため、配布方法は、他のクライアントのチラシを配る際に一緒に配布する「併配」を選択。あえて配布先の細かい指定はせず、配布単価を下げています。

低コスト・長期間のポスティングをする事で、住民の方に頻繁にチラシを見てもらえる確率が上がるため、「ちょうど不用品が処分したかった」「そろそろ遺品整理をしないとと思っていた」というニーズにも対応できるわけです。

コストを抑えつつ、内容を的確に伝えるためにチラシデザインにも工夫が光ります。
チラシはB5サイズで作成し、紙質はコストパフォーマンスを重視してセレクト。さりげなく10%オフのクーポン券も付け、細部に「いつかお役に立ちます」「永久保存版」という見出しを入れる事で、チラシの保存を促しています。
また、具体的なサービス内容の近くに、スタッフの写真を掲載。チラシ内容に興味を持った方にスタッフの雰囲気を知らせる事で、親近感と信頼感がアップし、自然と一歩踏み込んでいただく流れを作っています。掲載情報が豊富でも、情報を精査しバランスを整えて配置する事で、全体的にシンプルなチラシデザインに仕上げているのもポイントです。

有益な情報が「お得感」につながる場合も

エリアや地域に根差したテーマの講演会やセミナー、知名度があまり高くない歌手や演奏者のコンサートなど、ニッチな需要があるイベントも、会場の近さや開催時間、参加費などによって、多くの人に喜ばれます。
その地域ゆかりのイベントや、エリア属性に沿った住民参加型のイベントはヒットの可能性を秘めている場合もあるので、開催の告知はしっかりと行いましょう。

ポスティングチラシは「お得感」がとても大切ですが、お得感はクーポンなどを付けて得られる金額の安さだけではありません。有益な情報を仕入れられた場合も、チラシを受け取ったお客様が「得をした」と感じる材料になります。
例えば、講演会やセミナーの案内チラシは、そのチラシをきっかけに新しい情報を知る事ができるので、「このチラシを見てよかった」と感じてもらえる可能性が高いです。
自分にとって通いやすい場所であったり、仕事帰りの遅い時間でも立ち寄れる営業時間であるなど、お客様の暮らしにフィットするかどうかも大切なポイントなので、何を伝えたいチラシなのか、要点を絞って、パッと見て内容が瞬時にわかるようなチラシデザインにこだわりましょう。

特に想いが強い部分は手書き風の書体にしてみたり、シンプルな内容で攻めてみるのも面白いかもしれません。

ターゲット層への細かい配慮も大切

最後は外壁・屋根塗装の専門会社のチラシデザイン例。
同社は、外壁塗装が高価格である事、作業内容が一般の方にはわかりにくい事など、お客様の疑問や不安を解消するために、定期的にわかりやすいテーマの説明会を開催しています。
今回ご紹介するのは、その説明会の開催告知用のチラシで、サイズはB4を2つ折りにしたもの。説明会のテーマや細かい見どころ、開催場所やスケジュール、これまでの参加者の声、同社に外装を頼んだ理由など、かなりの情報量が盛り込まれていますが、読みやすさを重視した、丁寧なレイアウトで仕上げられています。

また、説明会のメインターゲットが年配者であるため、参加申し込みは電話やネットではなくFAXをメインに。
もう一つのポイントは、説明会の会場です。毎月開催場所を変更しているようですが、公民館など、その地域の住民にとって親しみやすい場所をセレクトする事で、自然と安心感が生まれるように配慮しています。

ターゲット層に寄り添ったチラシの内容とデザインで、ポスティングによる集客効果も確実に実感いただき、2018年からはポスティングだけでなくチラシのデザインも弊社のデザイナーが担当させていただいております。

いかがでしたか? ポスティングチラシのデザインに「これが正解」というものはありませんが、反響のあるチラシには必ず理由があるはず。
今回ご紹介した事例を参考に、ぜひチラシデザインに力を入れてみてください。

ポスティングで起こる迷惑行為 「例えば」を学んで“もしも”に備えよう

「ポスティング=迷惑」と思われないために

「チラシ禁止」や「投函不要」といったお申し出があった場合や、役所、公立病院など公共的な機関のポストには、チラシの投函は基本的に配布しません。

私たちアドワールドでは、徹底したルール作りや、より多くの反響をいただくために、住民の方々には状況に応じてこちらから挨拶を心掛け、ポストの前に住民の方がおられる場合は、可能な限り広告物を手渡しでお渡しするようにしています。住民の方々に広告物を見ていただかない限り、私たちの仕事は意味がないといっても過言ではありません。そのため、迷惑行為にならないように、最善の心構えで常に業務を行っています。

また、ポスティングを行う際は住民の方にチラシを捨てられないように、アドワールドでは「チラシをポストからはみ出させない」ということを徹底しています。住民の方がポストを見たときに、チラシがはみ出ていると、不快な思いをしてしまい、そのままゴミ箱へ捨てられてしまうことが多くあります。チラシを手に取り、見ていただくまで、印象を悪くしないように基本に忠実なポスティング教育を行っています。

大切なのは配布スタッフの管理と教育

在宅配布と呼ばれる配布方法は、担当するチラシを自宅に持ち込むため、配布枚数が誤魔化されやすいデメリットがあり、チラシを配布せずに勝手に廃棄したり、自宅にチラシを持ち帰って隠していたりする悪質な会社も中にはいてます。

そういった迷惑行為を未然に防ぐために、依頼を検討しているポスティング会社があれば事前に現場スタッフの教育と管理を行っているかしっかり確認しましょう。

アドワールドでは、配布エリア毎にチームを組んでポスティングを行うことで、配布状況の把握と管理をしやすくしています。また、配布スタッフの行動を確実にチェックするために全スタッフへGPSを携帯するように指示しています。歩いた跡を残すことで、クライアントの不安を解消すると同時に、ポスティングの品質向上にも役立てています。

悪質なポスティング会社に要注意

「ポスティングの教科書」では、ポスティング業者がチラシを配布する時に守るべきマナーやルールについて度々お伝えしていますが、チラシを受け取る地域住民への迷惑行為だけでなく、チラシ配布を依頼するクライアントに向けた迷惑行為や悪質な行為が常習化しているポスティング会社も中には存在します。

彼らは、クライアントが自社チラシの配布状況を調べたいと思っても、戸建住居のポストを開けられない事や、マンション・アパートといった集合住宅の入り口に置かれている「チラシのごみ箱」しか確認できない事を知っているのです。

そんな事情を利用して、契約した配布枚数をポスティングしないなど、悪質な行為を行っている会社も。

例えば、新築分譲マンション販売のポスティングは、他の業種と比較しても反響がわかりにくいと言われ、配布枚数も1クールで10~20万枚と格段に多いのが特徴です。そこで悪質なポスティング会社は、10万枚のポスティング依頼に対して、7万枚しか配らずクライアントに10万枚配布したと平然と報告するのです。

クライアントの迷惑行為を行う悪徳ポスティング会社に引っかからないように、会社選びは慎重に行いましょう。

ポスティング会社の見極め方

ポスティングを依頼しようか迷っている場合は、検討している会社が悪質なポスティング会社か見極める必要があります。まずは、正式な契約を結ぶ前にぜひ会社のオフィスを訪問させてもらいましょう。その際、チラシが保管されている倉庫もチェックするのがポイント。きちんとした会社なら、クライアントがオフィスに来る事は拒みませんし、クライアントから預かった広告物の管理も行き届いているはず。

さらに、打ち合わせの時間がしっかり取れるようなら…。

◆クライアントが希望する配布スケジュールに対応できるか
◆何名体制でポスティングをするか
◆配布前と配布中のチラシの管理方法
◆配布スタッフの管理方法
◆配布報告書はどれくらいでもらえるか
◆普段はどのような業種のチラシ配布を依頼されているか

このような項目もしっかりと確認しましょう。質問に対して「YES」しか返さない会社には疑問を持った方が良い場合もあります。担当者の対応が誠実であるか、この担当者(会社)なら信頼できるかも大切な判断基準になります。
実際に会って話を聞いてみると、ホームページではわからない部分も見えてくるので、ぜひオフィスを訪問してみましょう。

ポスティングの狙い目って? 時間と時期を味方に反響アップを狙おう!

配布する時間帯には目安をつけて

どの家庭でも、一日1回はポストの中を確認するもの。特定の荷物や郵便物を待っている人は時間帯を選ばず頻繁に確認するかもしれませんが、多くの人は外出時や帰宅時に確認するのが習慣になっているのではないでしょうか。

ポスティングは、他の郵便物と一緒に手に取ってもらえる可能性が高い点が魅力なので、住民の方がどのタイミングでポストを開けるか把握しておく事も大切です。
例えば、単身世帯は仕事や学校が終わって帰宅した夕方以降の時間帯にポストをチェックしますし、専業主婦の方であれば午前10時~午後3時がポストを確認する時間帯と言われています。

ポスティングは基本的に、決められたエリアの中を移動しながら行われるため、配布エリアの範囲が広ければ広いほど細かい時間を指定するのが難しくなります。しかし、どのクライアントもポストを開けた時に自分のチラシが一番上にあってほしいもの。
配布する時間帯を指定したいなど、要望がある場合は、事前にポスティング会社に相談してみましょう。

夜間のポスティングは避けるのが吉

ポスティングの配布時間に法律上の決まりや制限はないので、24時間配布してもルール違反ではありません。しかし、ポスティング会社にはそれぞれ配布時間が決まっている場合が多く、明るい時間帯に配布する傾向が強いのが特徴です。

夜間のポスティングは手元が暗いのでミスが生まれ、ポスティングの精度も落ちてしまいます。例えば、戸建てのポストに投函する際、日中なら見落とさない「チラシ投函お断り」の表示をうっかり見落として、誤ってチラシを投函。後々、大きなクレームにつながる可能性があります。

さらに、夜だからという理由で配布したい場所を選べるわけではないので、街頭路がない場所を行き来する中で、不審者と間違われて警察に通報されるケースも。自転車などとの接触事故も起こりやすくなるのでデメリットが大きいです。

アドワールドのポスティングは、夜間配布は一切行っていません。原則8:30~17:30に行われ、お昼休憩もあるので実働8時間を掛けて行われます。ひとつのエリアを2~3名のチームで担当するので、仲間と連携しながら配布作業に専念できる環境となっています。

ポスティングは時期の選定も慎重に

ポスティングを行う「時間帯」についてお伝えしていますが、業種によって配布する「時期」や「シーズン」を見極める事も大切です。

ポスティングを活用する代表的な業種として、「学習塾・習い事」「不動産関係」「フード宅配・飲食店」がありますが、例えば学習塾なら、中高生の場合はテスト期間に合わせて、小学生のいるご家庭なら夏休み前に配布すると反響につながりやすい傾向にあります。
「不動産関係」は、特定の配布時期は明確化されていませんが、賃貸マンションやアパートだけに絞らず戸建ても含めて、大型連休前に配布するのがおすすめ。帰省した家族の間で話題に上って問い合わせにつながる事も多いようです。
エリアや世代の枠に捉われない「フード宅配・飲食店」に関するチラシなら、あえて時期を絞らず、常に内容をアレンジさせながら定期的に配布するのがおすすめです。

イベント告知は早すぎても遅すぎてもダメ!

季節に合わせたイベントやオリジナルな催し物など、イベントの詳細をお知らせするチラシは、開催日のどれくらい前にポスティングするのがベストだと思いますか?

アドワールドでは、最低でもイベント開催日の1ヶ月前にポスティングする事をおすすめしています。

イベント開催が決まったらすぐ周囲に告知したいと思いがちですが、あまり早い時期にポスティングをしても、「まだまだ先のイベント」と認識されて忘れられてしまう可能性があります。 反対に、イベント開催日の直前に配布すると、すでに他の予定でスケジュールが埋まってしまい、イベントに興味があっても参加できないという人も出てくるので注意しましょう。

まずは店頭にポスターを貼ったり、街頭ポスター、ネットやSNSなどを併用してイベントの告知を行い、タイミングを見てポスティングチラシを配布するのがベスト。 ちなみに、ポスティングの配布には特別な許可は必要ありませんが、街頭ポスターを貼る場合は、地域の自治体や役所への申請が必要になるため、きちんと許可を貰いルールを守ってイベント開催に備えましょう。

ポスティングってどう進めるの? アドワールド直伝!準備・配布のやり方。

何よりもまず事前準備をしっかりと。

「ポスティング」は、特別な資格が必要だったり、届け出の提出が求められるわけではありません。そのため、一般の方の中には「ポスティング=チラシをポストに投函するだけ=簡単なこと」と認識している方もいらっしゃるようです。

しかし、ポスティングにはイベントの告知や新店舗の集客といった配る目的が決まっているので、やみくもにチラシをポスティングするやり方はNG。配った分だけ「反響」を得るために、しっかりと「事前準備」をすることが重要です。

例えば、より効果を高めるために、チラシの配布方法、適した配布エリア、チラシの枚数、配布する曜日や時間の選定など、事前に調査して絞り込んでいくことが求められます。

配布を担当するスタッフによってポスティングのスキルが異なるため、配布エリア(面積)が決定したら、どれくらいの人数が必要かを確認することも大切です。
人数が決まった後もさらに準備は続き、各チームで配布スケジュールを組んで、配布エリアの地図を作成。営業所スタッフが打ち合わせを行いながら、効率のよい配布ルート、駐車場の場所など、様々な項目を事前にしっかりと決めて準備を整えていきます。

ポスティングの効果を上げるやり方は、事前準備に掛かっていると言っても過言ではありません。

配布当日こそプロの腕の見せ所!

アドワールドのポスティング当日の様子(配布のやり方)をご紹介しましょう。

まずは朝礼の後、各チームが担当するチラシの店舗名、種類、枚数など、細かい情報を繰り返し確認して、間違いがないことをチェックし、チーム毎に車や自転車にチラシを積み込み、事務所を出発します。

現地に到着すると、配布スタッフから社員にポスティング開始の連絡をして、いよいよ配布スタート!

ここからがスタッフの腕の見せ所で、事前に作成した地図と配布計画をもとに、自転車を止める位置などを考えながら、各町丁目をこなしていきます。
配布中は、地域住人の方への挨拶も欠かしません。集合住宅で管理人がいる場合は、きちんと声を掛けることも大切な仕事です。根気のいる作業なので、途中休憩をはさみながら、夕方まで地道に配布を続けます。

配布完了後は、配布した枚数と残っているチラシの枚数を確認。問題なければチームリーダーが事務所に戻って持ち出したチラシの枚数と、配布枚数、残った枚数の整合性を算出して、日報の作成や明日の準備に取り掛かります。

一軒一軒丁寧に。そして迅速に。

チラシをポスティングには、弊社のようなポスティング専門業者に配布を依頼する方もいれば、ご自身で配布する方など、様々なやり方が存在します。
配り手や手段が異なる、ということはポストへの投函方法も様々だということ。きちんとルールやマナーを重視して配布している方も多いのですが、中には適当に配布している方もいるようで、実際に配布エリアを回っていると、1日に1回はポストからはみ出て投函されているチラシや、押し込むことでシワができてしまったチラシなど、「汚いやり方のポスティング」を見かけることがあります。
ポストからチラシがはみ出ていたり、汚く入っていると、見栄えが悪くなるだけでなく、住民の方々に内容を見ていただける確率や、反響に繋がる確率も下がってしまいます。

アドワールドは、チラシを配るという行為だけでなく、ポストの持ち主に気持ちよくチラシを受け取ってもらえるように、一軒一軒のポストに丁寧に、そして素早くポスティングをするようにスタッフにやり方を指導しています。

チラシとは店主の想いのカタチ。

アドワールドのポスティングは、依頼する方も、配布を請け負うスタッフも、チラシを受け取る地域住民の方も、全員が気持ちよくいられるやり方を常に心掛けています。
そのため、新しく配属されたアルバイトスタッフにも初日から「ポスティングの速さ」だけを求めるやり方はしていません。「ポストの中がいっぱいであれば無理に投函はしない」「ポスティングする際ははみ出さないようにキレイに投函する」といった基本的なルールを伝えるところから丁寧に指導していきます。

「ただチラシを配るのではない。店主の祈りを届けるのだ。」

アドワールドではただの業務としてチラシをポスティングするのではなく、社員はもちろん、アルバイトスタッフも含めた全スタッフが「プロ」として、経営理念であるこのメッセージを胸に日々の業務に取り組んでいます。

ポスティングにご興味のある方、これからどのようにポスティングをするべきか悩まれている方、ぜひアドワールドまでお気軽にご相談ください。

ポスティングの成功に不可欠! チラシデザインのコツ教えます。

大切なのは目立たせるひと工夫。

ポスティングチラシは、受け取った方に好感を持ってもらえるようなデザインが求められます。「文章の読みやすさ」や「見やすさ」はもちろん大切ですが、伝えたい内容をダラダラと載せるのではなく、より伝えたいことは何か、要点を絞って見出しやアイキャッチを工夫してみましょう。

また、ポストの中にはたくさんのチラシがポスティングされるので、他者が配布したポスティングチラシに紛れて見落とされてしまった…なんてことがないように、視覚的に目立たせる必要があります。 チラシが目に止まってそのままスルーされることがないように、適度なサイズ感と、良い紙質を選ぶこともコツ。特殊形状のチラシは目立ちやすく、興味を持たれやすいメリットがありますが、費用が高額になってしまうデメリットもあるので要注意。

伝えたい内容を整理した上で、相手の目に止まる見出しにこだわること。さらに、予算とのバランスを考えながら、目立つチラシをデザインして、チラシのピックアップ率(手に取って見てもらえる確率)を高めていきましょう。

モノクロorカラーどちらを選ぶべき?

ポスティングに関わらず、チラシ広告の配色は「白黒(モノクロ)印刷」と「カラー印刷」から選ぶことができます。さらにカラー印刷は1色~4色と細分化されています。さて、チラシを制作する場合、あなたのチラシは白黒とカラーどちらを選ぶべきだと思いますか?
レクトするコツを3つご紹介します。

コツ① 白黒はやっぱりリーズナブル!

価格面を重視するなら白黒(モノクロ)印刷がベスト。カラー印刷より比較的安価なので、コストを重視する場合は白黒印刷でチラシを作成しましょう。ただし、最近のカラー印刷はお手頃な値段で作成できる場合もあるので、まずは差額を比較して検討してみましょう。

コツ② カラーならより美味しそうに見える。

飲食店など、食材を紹介するチラシなら白黒よりカラーの方が断然おすすめです。カラー印刷は美味しさを訴求する効果があるので、自慢のメニューもより美味しそうに伝わります。また、白黒印刷に比べて、カラー印刷は高級感を演出する効果もあります。

コツ③ 情報“だけ”なら白黒でも◎。

SALEのチラシやイベントの開催告知など、写真より文字や数字の情報を伝えたい場合は、シンプルに白黒印刷でも十分。最近のポスティングチラシはカラー印刷が主流ですが、チラシを配布する目的や紹介する内容によって、ベストな印刷方法を選びましょう。

手書きなら人柄や想いがグッと伝わるコトも。

ポスティングするチラシは基本的にパソコンで作成しますが、中には配布するお客様のご希望で「手書き」で仕上げられるものもあります。手書きのチラシは、一般的なフォントで仕上げたチラシと比べてインパクトが強いので、受け取った側の目に止まりやすいメリットがあります。また、書き手によって文字のサイズやデザインを自由に選べるので、枠に捉われないオリジナルなチラシに仕上げることができます。

さらに、手書きのチラシを見た人の多くは、「思いが込められている」というポジティブな印象を持つことがわかっており、作り手が時間を掛けて文字を書いている印象を抱かせます。 ただ、手書きチラシは作り直しが利かないので、継続的に使えないのがネック。作り手のデザイン力やセンス次第で、逆に見にくいチラシになってしまう可能性もあります。

近では毛筆のフォントを使用して「手書き風」に仕上げる、という選択肢もあるので、伝える内容に合わせて、気軽に「手書き風」のデザインにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

目指すはおしゃれ+αのデザイン!

チラシデザインには上記以外にも様々なコツがありますが、反響の高いチラシデザインには共通点があると言われています。それは「①ひと目で何を伝えているかわかること」「②折り目まで意識してデザインされていること」「③チラシ限定の特典が付いていること」。
③に関してはデザインと直接的な関係はないかもしれませんが、チラシ特典があることをひと目でアピールできるか、という点はデザイン的にもとても重要です。

「他のチラシより目立ちつつ、伝えたいことをわかりやすく表現すること。」

おしゃれなデザインであることももちろん大切ですが、おしゃれさや美しさを優先しすぎるのではなく、受け取る相手や届いてほしい相手(ターゲット)のことを考えて+αの工夫を考えることが、ポスティングチラシの反響の高さにつながるのだと思います。