場所は変われど想いは同じ 全国共通ポスティング情報

2020年、これからポスティグをやろうと考えている方、ポスティングについて考えを巡らせている方はたくさんいらっしゃると思います。今回はそんな全国の方たちに向けて、寒い時期にこそ伝えたい全国共通のポスティング情報をお話しします。

寒い時期こそ「歩く」!歩けば温まるのは全国共通

ポスティングの配布スタッフは、事務所に出社した時はアウターを着たり、マフラーをまいたりと季節に合わせた温かい恰好をしています。しかし、チラシの配布を始めると、1時間もすれば1枚か2枚は薄着になっているんです。
これは実は「ポスティングスタッフあるある」。肌寒い時期にポスティングスタッフを見た全国の地域の方は、共通して「薄着だなぁ」という印象を持ちやすいです。

その理由は、チラシを配布している時に「よく歩く」から。

全国的に肌寒さを感じる時期になっても、ポスティング中のスタッフは担当する大量のチラシを持ってせっせとチラシを配り歩くので、いつの間にか体が温まり、気付けば薄着になってしまうんです。
けれど、体が温まると、ポスティングの配布速度も上がるのでとても効率的なんです。

ちなみに、汗をかいたら体を冷やさないように注意して、体調管理を徹底する事も大切です。
ポスティング業界に関わらず全国どんな仕事でも風邪を引くと、作業効率が落ちてしまうもの。アドワールドのスタッフは、季節の変わり目には特に注意して、常にベストコンディションでチラシ配布ができるようにしています。

ポスティングの「歩く」は奥が深い!

ポスティングは「よく歩く」ので体が温まるとお伝えしましたが、この「歩く」と聞いて、平坦な道をゆっくりと歩いている様子をイメージされている方もいるのではないでしょうか。
実は一言で「歩いて配る」と言っても、その中には様々な動作が含まれています。

地図だけではわからない土地の起伏がある

「このエリアにチラシを配りたい」と思って地図を見てもわからないのが、その土地でのポスティングのしやすさ。全国には高低差のない平地のエリアもあれば、起伏の多いエリアもあるので、担当する配布エリアによってポスティングのしやすさが異なります。
他にも碁盤の目のように整備された区画と、路地や行き止まりが多い区画など。ポスティング条件はいつも同じではないので、どんな街でも諸条件をクリアして、ポスティングをスムーズに、そして美しく行うために配布スタッフは日々歩いたり走ったりを繰り返しています。

住宅密集地の戸建ては階段が多い場合も

全国の中でも特に都心部に多い住宅密集地。配布世帯数を考えると、移動範囲が少なくて済む?と思いそうですが、まずは住宅のタイプをチェックしましょう。3階建てタイプの住まいは、1階は駐車場で2階に玄関がある物件が多いので、通常の戸建てよりも階段の昇降を繰り返す場合があります。あらかじめこうした知識を持っていると、体力面や配布ペースを考慮して配布ができます。さらに、地道に配布を繰り返す事で、徐々に足腰が鍛えられていきます。

自転車の動かし方も配布力の一部

アドワールドのポスティングは最初から「歩いて配る」のではなく、まずは担当エリアに補充拠点を設けて、そこから担当の広告物を積んだ自転車で移動します。自転車やリュックには多い時で2000~3000枚の広告を積む事もあり、その総重量はかなりのもの。けれど、たくさんのアルバイトスタッフが、次第に自転車の扱いや配布手順に慣れていき、元気よくポスティングを行っています。

全国にたくさん!ポスティング仲間たち

常にポスティングのクオリティ向上を目指しているアドワールドは、1999年に組織された「日本ポスティング協同組合」に加盟しています。
この「日本ポスティング協同組合」は、全国の有力なポスティング会社91社が所属する(※2019年11月現在)国内最大規模のポスティング組織です。その組織力を生かして、全国一斉ポスティングなどの配布が可能となっています。さらに、企業間で情報交換をしたり、全国で講演会などのイベントを開催。ポスティング業界が全国的に活気付き、効果的に集客できる事をアピールしていく事も目的としています。

一人ひとりが所属している企業は違っても、ポスティング会社はこうした組織を通してつながっているんです。

ポスティングは昨今再び注目を集めているので、多くの加盟企業が仕事量を多く獲得しています。
「日本ポスティング協同組合」を通し、各社が得意なエリアを配布することにより、高い反響を求めやすい、システムが構築されているのも心強いポイントです。
全国には、アドワールドのように志の高いポスティング企業とスタッフが多く存在しているので、体も心もポカポカに温めて今年も努めてまいります。

現場生まれのポスティングテクニック

ポスティングの質を高める配布スタッフたち

多くの業界で共通していると思いますが、ポスティング業界もたくさんの「人」が関わって成り立っており、アドワールドは特に人とのつながりを大切に業務に取り組んでいます。

そんな「人」の中で、今回スポットを当てるのは、各現場でポスティング業務に励んでくれている配布スタッフたち。
ポスティングは、クライアントの依頼があっても、チラシができあがっていても、ルールとマナーを守って配布をしてくれるスタッフの存在がなければ何も始まりません。アルバイトも含めた全スタッフの配布スキルによって、チラシの印象やクレームの有無が左右される事もあるほどです。

だからアドワールドでは、スタッフが気持ちよく業務に専念できる働きやすい環境を整える事に努力を惜しみません。また、現場スタッフの声から生まれた効率のよい配布方法やちょっとしたコツは共有し、積極的に取り入れるようにしています。 効率のよい「地図」の使い方や、チラシの天敵である「雨の日」のポスティング方法、「クレーム」を防ぐために積み重ねている事など。
配布スタッフたちが現場で得たテクニックをチラリとご紹介します。

地図アプリや紙の地図は効率よく利用

アドワールドでは、配布ルートや配布先の確認をするためにスタッフ全員が地図を携帯しています。スマートフォンの地図アプリを併用する事もありますが、やっぱり紙の地図が現場に馴染んだ必須アイテム。

とはいえポケットに地図を入れていると確認するたびに取り出す手間が掛かります。そこで現場スタッフは、首から下げているスタッフ証の裏面にクリップで地図を挟む事で問題を解決!
まだポスティングに慣れていないバイトスタッフも、手を使わずに地図を携帯できるので、確認作業や地図への書き込みもスムーズに行えます。

地図を携帯する事は「ポスティング禁止物件への投函防止」「クレーム防止」という点でも役立ちます。
事前に地図内にポスティング禁止物件をしっかりとマークして、マンション名や詳細を書き込んでおけばポスティングしてはいけない物件に誤って投函する確率がグッと下がります。

ポスティング中は配布ルートや配布ペース、配布枚数など、様々な事を考えながら作業をしているため、地図にメモをする事で間違いが出ないようにしています。何気ない事ですが、配布スタッフ全員が気に掛ける事で、ポスティングの質が上がり、クレームのないポスティングへとつながります。

雨の日のポスティングこそ現場の工夫が必要

ポスティングは雨の日も行っていますが、投函の際にポストが濡れてしまうと、クレームのきっかけになる事もあるので細心の注意が求められます。

一度チラシが濡れてしまうと、チラシ同士がくっ付いてしまったり、色移りで汚れてしまう事も。そんな状況を回避するために、配布スタッフは傘を差すのはもちろん、雨の降り方や配布するチラシのサイズや形状によっていろいろな雨対策で雨の日のポスティングに工夫を凝らしています。

例えば、配布スタッフがチラシを持ち運ぶリュック。ダイレクトにチラシを入れると濡れてしまうので、まずは水分を通さないビニール袋に入れて、さらに吸水タオルなどでしっかりと覆い、雨水の侵入を防いでいます。

新人アルバイトも先輩から教えられて、チラシサイズに合わせたプラスチック素材の蛇腹ファイルを使用してチラシを守ったり、マグネットタイプの広告物や小さなチラシ用にウエストポーチを活用しています。 中には、レインコートやトレッキングシューズを着用するスタッフもおり、雨の日でもお客様に気持ちよくチラシを受け取っていただくために、工夫しながらベストなポスティングを目指しています。

小さな交流がクレーム回避につながっている

「ポスティングの教科書」では、度々、地域住民の方とコミュニケーションをする大切さをお伝えしていますが、配布スタッフの挨拶やちょっとした会話がクレーム回避につながる事もあります。
住民の方から「ご苦労様」「何のチラシを配布してるの?」などと声を掛けてもらった場合、チラシに興味を抱いている事が分かるので、まずチラシ投函OKと判断でき、誤った投函を防ぐ事ができます。また、受け取ったチラシを見て「知りたかった」「興味がある」など、地域住民の方のリアルな感想や反応が分かれば、配布エリアが適切に選ばれていたかの判断材料にもなります。

ポスティング中に得られるそういった情報は、より精度の高いポスティングを行うためにとても貴重なものです。アドワールドでは、日々のポスティングの出来事を社内で共有して意見交換を行ったり、必要に応じてクライアントへのフィードバックを行っています。

求めている人へ、求めている情報を適切に届けられれば、ポスティングによって発生してしまうクレームは確実に回避できるので、アドワールドでは現場スタッフの小さな交流の積み重ねもとても大切に思っています。

マンションと戸建てって何が違う? ポスティングの決まり事

若い世代を狙うならマンションがおすすめ

ポスティングの配布方法にはいくつか種類が存在します。
全戸配布、戸建て配布、集合住宅配布、事業所配布…。それぞれのポスティングに特徴や向き不向きがあるので、誰に向けて配布するのかあらかじめターゲットをしっかりと設定してベストな配布方法を選択しましょう。 今回は、マンションなどの集合住宅に向けた配布方法「集合住宅配布」をメインに詳しくご紹介します。

そもそも「集合住宅配布」は、マンションやアパートの共有部分(エントランス)に設置されている集合ポストや、各戸のドアポストにチラシをポスティングしていく配布方法です。マンションの規模や築年数にもよりますが、一般的に、若い世代や子育て世帯、一人暮らしの方が暮らしている場合が多いので、その方たちがターゲットとなる商品やサービスを扱っている業種のポスティングに適しています。
例えば、不動産業や学習塾などのスクール関係、スポーツジムや美容関係のサロンなどがそれに該当します。マンションだけに絞る事で、無駄な配布を減らす事ができるのもメリットです。

マンションのポストにも種類と特徴がある

マンションやアパートは規模によって、エントランスに住民の集合ポストがある場合と、各戸のドアにポストが設置されている場合があります。

ドアポストにダイレクトにチラシを投函する方が、受け取った住民の方に目を通してもらえる可能性が高いのでおすすめ…ではありますが、ドアポストへの配布は手間が掛かってしまうのが惜しいところ。セルフでポスティングするには労力が掛かりますし、ポスティング代行業者に依頼するとコストが掛かってしまいます。
他にも集合ポストとドアポストにはそれぞれこんな特徴があります。

【集合ポストの特徴】

●ポストが一ヶ所に集まっているので、ドアポストに比べて手間を掛けずにポスティングが可能。そのため、コストを抑える事ができる。

●集合ポスト付近にはゴミ箱が設置されている事が多いので、投函されたチラシがすぐに捨てられてしまう可能性がある。

●「チラシ投函お断り」などの表示がある場合、管理人に許可を貰わなければチラシを投函できない。

【ドアポストの特徴】

●各住居のドアにポストがあり直接投函できるので、受け取った住民の方に読んでもらえる可能性が高まり、内容に目を通す前に捨てられる可能性が低くなる。

●各戸を回ってポスティングする必要があるため、投函に時間が掛かってしまう。そのため、ポスティング業者に依頼すると集合ポストへの配布に比べてコストが掛かってしまう。

マンションの管理人にもきちんと挨拶を

マンションにポスティングする場合、「チラシ投函お断り」などの表記の有無はもちろん、管理人のスタッフが常駐しているかを確認する事が大切です。管理人にきちんと挨拶をする事で、配布スタッフも気持ちよくポスティングに専念できます。

ポスティング業者の中には、マンションの管理人がいない早朝や夜間に配布したり、管理人不在の間に無理に投函している場合もあるようですが、アドワールドは決してそういった行為はせず、配布時間を日中に絞って効率よく配布するようにしています。

ポスティングはチラシを投函する事だけが目的ではなく、その先にある住民(顧客)からの反響が大切なので、クライアントのイメージが悪くなるようなポスティングは行わない事が大前提です。

最近では、ネットやSNSを通して口コミが広がる事も主流になってきました。クライアントが伝えたい事が周知されるのはうれしい事ですが、ポスティングを通してマイナス面が拡散される事はあってはいけません。クレームやトラブルにつながる不安要素を未然に防ぐ事も、ポスティング業者の役割です。

目指すは誰からも好印象なポスティング

戸建て住宅に比べると、マンションやアパートなどの集合住宅の方が、ポスティングのクレームは起こりやすいと言われています。

共有スペースに見慣れない人がいると、「不法侵入?」と住民の方が不安に思うのももっともです。アドワールドでは、住民の方に安心していただけるように、配布スタッフ全員が社名入りの制服を着用しています。さらに、ポスティング中に住民の方に会った場合も、挨拶と笑顔を忘れない事をスタッフに教育しています。

チラシの投函方法にも注意が必要です。お伝えしている通り、チラシを拒絶する表記があるポストに投函しないのはもちろん、ドアの隙間に無理やりチラシをはさまない、ポストからチラシをはみ出さない、チラシにシワをつけない、他の郵便物やチラシでいっぱいのポストには無理に投函しない、など。

ポスティングのやり方ひとつでクレームを最小限に抑える事につながるため、誠実にチラシを投函し、マンションの管理人や住民の方に好感を持ってもらえるように心掛けています。

いまさら聞けない?でも知りたい! ポスティングのメリット&デメリット

誰でも手軽&スピーディーにはじめられる

ポスティングは身近な広告手法ですが、様々なメリットがあります。

例えば、やってみようと思った時に手軽に始められる事。役所や自治体にチラシ配布の許可を貰ったり、手続きをする必要がほとんどありません。
そのため、配布するチラシを用意するだけですぐに配布(=行動)する事ができます。
一定の効果を求める場合、弊社のようにポスティング代行会社と連携する事をおすすめしますが、依頼主の方がご自身でポスティングする事ももちろん可能です。
そのため、思い立った時「すぐ」に、そして「気軽」に試せる事が大きなメリットと言えます。

飲食店で季節のイベントに合わせて新メニューを開発した時など、イベントが過ぎるまでの限られた期間だけ気軽にチラシ配布ができます。
さらに、ターゲット層が明確になっている場合は、配布エリアや住まいを限定できるので無駄なくポスティング配布に力を注ぐ事ができます。
反響をピンポイントで高められるので、かなり効果的な広告手法と言えます。

狙った相手にダイレクトにアプローチ

ポスティングのメリットは、他にも、届けたい相手に向けてダイレクトに情報を発信できる部分にあります。
ターゲット層を絞り込んでいる場合は、戸建てのみ、あるいはマンションのみなど、物件を選んでポスティングする事もできますし、反対にコストを抑えながらとにかく広範囲に配りたい場合は物件を限定しない「軒並み配布」という方法も選べます。

また、ポスティングチラシの多くは、封筒などで中身を目隠しする事はありません。
そのため、住民の方がポストからチラシを取り出す際に、そのまま内容を確認する事ができます。
もちろん受け取った方が不要と判断すれば捨てられてしまう事もありますが、目に入った店舗名やサービス名がちょうど求めていた内容だったり、クーポンなどの特典が目に映れば、自宅に持ち帰ってもらえる確率も高まります。

さらに、今は必要ない情報でも、住民の方が「いつか必要になるかも」と判断してチラシを長期間保管する事も。
数年前にポスティングしたチラシを見て問い合わせをしてくるお客様がいらっしゃる点もメリットと言えます。

地域住民の方とお話しするチャンスも

ポスティングの目的は集客や告知がメインなので、それによって反響が高まる事が重要ですが、ポスティング中に生まれる地域住民の方との会話も実はとても大切で、ポスティングのメリットと言えます。
家の前をホウキで掃いている奥さん、洗車をしている旦那さん、雑談している仲良しのご近所さん…。ポスティングをしていると、そういった住民の方にばったりお会いする事も少なくありません。そんな時、アドワールドのスタッフは、黙ってチラシをポストに入れるのではなく、きちんと挨拶をするように心掛けています。配布しているチラシには、クライアントの情報がしっかりと記載されているので、クライアントにマイナスイメージを持たれる事のないように行動するのもポスティングスタッフの守るべきルールなのです。

きちんとご挨拶していると、住まいの方から「お疲れさま」「大変ね」と声を掛けてもらう事もあり、とても嬉しい事です。中には「今日はなんのチラシを配ってるの?」と聞いてくれる住民の方もいらっしゃるので、そんな時はチラシの内容を伝えて率先してコミュニケーションを取り、チラシの内容やクライアントの企業名、サービス名の認知度を上げて、反響に結び付きやすくなるようにしています。

メリット以外のポスティングの注意点

ここまで、ポスティングのメリットをご紹介してきましたが、ポスティングにはデメリットも少なからず存在します。

例えば、マンションなど管理会社や管理人がいる集合住宅は、ポスティング行為を全面的に禁止しているところもあり、そういった張り紙がしてあるのにうっかりチラシをポスティングしてしまうと、クライアントへのクレームにつながってしまいます。
アドワールドでは、そういった場合でも、住民の方にきちんと事情を説明し対応するなどして、そのままチラシを放置するようなことは致しません。

また、チラシを投函しても同業他社のチラシと混在してしまう事もあります。
午前中に私達がポスティングをしたとして、住民の方が仕事を終えて自宅ポストを開けるまで他のポスティング業者が様々なチラシを投函しに来るでしょう。大量のチラシが入っていると、チラシの内容が目に入る確率も低下してしまいますし、チラシのデザインが他のものより目立たなければそのまま捨てられてしまう事もあります。
他にも、ポスティング業者の中には、配布スタッフの教育をしっかり行っておらず、チラシを乱雑に扱ってシワができていたり、雨に濡れていたりと、受け取る側が不愉快になる配布行為をしている事もあります。

アドワールドでは、ポスティングのデメリットを一つでもなくし、メリットを最大限に活かせるようにスタッフへの教育も丁寧に行っています。チラシ配布を依頼する側、ポスティングする側、チラシを受け取る側、全員が気持ちよくいられるサービスにこだわっています。

ポスティングの質を上げる マル秘アイテム「GPSロガー」

ポスティングで重要な「GPSロガー」

今回ご紹介するのは、ポスティング業務に欠かせない「GPSロガー」というアイテムについて。

「GPSロガー」とは、GPS機能を搭載した小型端末の事です。GPS機能というと、最近は、スマートフォンやカーナビにも搭載されており、現在地を知りたい場合や、目的地までの距離やルートを調べたい時など、様々なシーンで活用されています。スマホゲームなどにも使われているので、身近に感じている人も多いのではないでしょうか。

ポスティング業務においてもGPS機能はかなり重宝されており、アドワールドでは配布スタッフ全員にこのGPS機能を持った端末「GPSロガー」を携帯するように指示しています。本体は小さく、重さも軽量の仕様で配布スタッフが持ち歩く際も邪魔になりません。機能としては数秒ごとに現在地のデータを端末に蓄積し、移動ルートを記録していくというシンプルなもの。リアルタイムにデータチェックができない点はネックですが、バッテリーの持ちは非常によく、1度の充電で約10時間稼働させる事ができます。

GPSで効率的な配布ルートを学ぼう

「GPSロガー」の中には、ポスティング業務中にスタッフがどのように歩いて配布したか、その軌跡がすべて記録されており、データから様々な事が読み取れます。例えば、配布スタッフが同じ道を何度も通った事や、配布中に自転車を止めた位置、移動時間や速度など、細かい情報もすべてデータからわかってしまいます。
自分の動きが記録されていると、アルバイトスタッフの業務への姿勢も引き締まります。

また、「GPSロガー」のデータは、業務の振り返りや配布ルートの見直しにも役立てる事ができます。 スムーズに配布できなかったと落ち込むスタッフには、記録された配布軌跡を見ながら、改善点を的確に伝えて次に活かす事ができますし、自分は効率よく配布できていると思っているスタッフにはもっともっと効率よく配布するアドバイスを伝える事ができます。
指導スタッフが一緒に配布していない場合でも、データをもとに指導できるのでポスティングのスキルアップにとても役立ちます。

新人アルバイト教育にも「GPSロガー」が活躍

「GPSロガー」のデータは、新人アルバイト教育においても非常に役立ちます。
経験の浅い配布スタッフは、ひとつの町目を効率よく回って、与えられたチラシの枚数を配りきる事はとても難しいもの。配り忘れが出てしまったり、手順がわからずチラシ投函に手間取ってしまったり、同じ道を何度も行き来して無駄に歩いてしまったり…。

次回のポスティングはもっと効率よく配布したいけれどどうしたらいいかわからない、と悩んでポスティング業務にネガティブな印象を持ってしまうかもしれません。

しかし、「GPSロガー」の記録をチェックすれば、実際に自分がどのようなルートや時間で配布したのか、客観的に確認する事ができます。また、ポスティング経験豊富な先輩スタッフの配布軌跡と見比べる事もできるので、効率のよい配り方がどういったものかがすぐにわかりますし、ベテランスタッフからアドバイスをもらう事もできます。
ポスティングはただ配布するだけだから簡単!に思われがちですが、効率よく配布するためには技術と経験が必要になるもの。アドワールドでは、新人アルバイトスタッフが気持ちよくポスティングに専念できるようにサポートも欠かしません。

クライアントが安心&納得する判断材料にも

社内スタッフだけでなく、お客様に対しても「GPSロガー」の記録は役立ちます。
ポスティングを依頼したクライアントは、実際にポスティングが依頼通りに行われているのか確かめる事ができません。そのため、配布を依頼したのに反響が少ない時など、「ちゃんとポスティングしてくれてるの?」と疑問や不安を抱く事もあると思います。

そんな時も「GPSロガー」に蓄積されたデータの出番。お伝えしている通り、「GPSロガー」には、指定した配布エリアをどのようなルートで回ってポスティングしているのか、すべてのデータが記録されているので、クライアントに質問をされてもすぐにデータをお見せして、安心していただけるんです。

いかがでしたか? ポスティング業務において「GPSロガー」は、ポスティングの効率アップだけでなく、ポスティング未経験のアルバイトスタッフをサポートしたり、クライアントに対するエビデンス(根拠、裏付け)としたりと、幅広く活用できるのでとても重要なアイテムとなっています。
技術も徐々に進化しているので、「GPSロガー」のデータがリアルタイムで確認できるようになる日も近いかもしれません。今後も「GPSロガー」をフル活用しながら、より精度の高いポスティング技術をご提供していきます。