ポスティング

私のポスティング人生 ~社員・大国編~

posting-jinsei_2

筋書き

始めは、つなぎのつもりで入ったポスティング会社・・・
生活を立て直すつもりで入ったので長く続けるつもりは当初は予定していませんでした。

ただ、自分にはむいていたんでしょうか?
思いのほかポスティングというお仕事は私には楽しく思えました
毎日、違うメンバーと大阪の色々なところへ配りに行きました。
京都とか兵庫のほうにも配布しに行くこともありました。
気持ちは観光気分でした(笑)

かれこれ1年近く働いていたころでしょうか?
自分は内勤なんかも仕事するようになっていました。

そんな中、当時の上長から声を掛けられました。

「・・・・・社員にならないか??」

新入社員期

上長のありがたいお言葉に、私はほぼ悩むことなく決断していました。
いつまでもフリーターでいるわけにもいかないですし
親に迷惑をかける歳でもないので早く安心させなきゃという気持ちもありました。
そしてなにより決め手は【この仕事は楽しくて職場環境も非常に良かったことです】

普段の業務は上長のサポーターがメインのお仕事でした。
配布報告書の作成や翌日以降の段取りや仕事の調整、
やるべきことはアルバイトで内勤で働いていたときの延長線上だったので特に問題なく覚えていけました。
ただ、アルバイトと違うところは
全てのお仕事に【責任】がついてまわるのと、業務功績による【結果】が求められるようになりました。

現場や仕事でトラブルが起こったときは全身全力で対応しました!
クライアントとの配布の打ち合わせや、現場スタッフとのコミュニケーションやメンタルフォローなど
いち配布員のときは特に気にしていなかったことが、意識して取り組むべき業務になりました。

業務の管理もそうですが、なによりスタッフの管理に毎日四苦八苦していました・・・・。

スタッフ同士のケンカの仲裁にはいったりもしました(笑)
発端は、たいてい些細なことが大半ですがね。(誰がいいエリアばっかり行くとかやり方が気に食わないとか)

人間なので好き嫌いも出てくるでしょうし、性格や価値観の違いもあります。
お互いの言い分を聞いて客観的に判断して叱るべきときはしっかり指導して
褒めるときは十二分に褒めたりもしました。
スタッフみんなが楽しんで働いていけるような環境つくりに努力しました

プライベートや将来の相談に乗ったりすることもありました。
めでたく就職が決まって卒業していくスタッフには「良かったな!」と声をかけて一緒に喜びました。
内心は、人手が減るので痛いんですけどね ボソ(笑)

色々大変でしたが、それを含めても面白い仕事でした・・・・。

ポスティング管理の難しさ

ポスティングというのは、私達社員の目の前でスタッフが常に働いている状況ではございません。
スタッフを遠隔操作しつつ、クライアント様から依頼されているお仕事を終わらしていかなければいけません

そこには、クライアント様と当社とスタッフの信用と信頼関係が常になりたっています。

現場スタッフのモチベーション維持や配布力向上の為にどうするべきか
社員内でよく議論されたものです。
拳で語り合うことありました(ウソです)

・・・月日は流れ
社員として入社して1年以上が過ぎていました。

夏の暑さも和らぎ、秋の匂いが感じられる気持ち良い風が感じられるようになりました。

私は梅田営業所の主任になってました。

次回はあるのか!?
【私のポスティング人生 ~社員・梅田編~】へつづく

それでは、
より良いポスティングライフの為に我々アドワールドはクライアント様を全力で支援していきます。

全ては店主の祈りの為に!!

byまんぷー先生