1. ホーム
  2. ポスティングの教科書
  3. エリアマーケティング
  4. 効果が高いのは何曜日?業種別!ポスティングと曜日の関係

効果が高いのは何曜日?業種別!ポスティングと曜日の関係

ポスティング(ノウハウ)
by adworld
効果が高いのは何曜日?業種別!ポスティングと曜日の関係

ポスティングに曜日は関係ある?

ポスティングを効果的に行うなら、事前に検討する事はたくさんあります。

誰をターゲットにチラシを配るか、チラシの内容とデザインをどうするか、どのエリアのどの住まいに何枚チラシを配布するのか、配布する時期や時間帯などなど。

ポスティングで確実に効果を得るためには、それぞれの項目でターゲットを意識した綿密な計画が求められます。考える事がたくさんあるので大変に思うかもしれませんが、それぞれの要素がキレイに重なり合った時、ポスティングは非常に大きな効果を発揮します。

そんな中で今回お伝えするのはズバリ「ポスティングに適した曜日」について。曜日の選択だけでポスティングの効果が決定的に変わるわけではありませんが、ターゲットに抵抗なくチラシを受け取ってもらうのなら、曜日のセレクトはとても大切です。

社会人の方はもちろん、学生の方でも曜日によって気分や行動が変化するので、月曜日から日曜日までの特徴を知って、ぜひポスティングの効果アップを目指しましょう。

曜日毎の特徴だけでなく、後半では業種によって選ぶべき曜日についてもお伝えしますので、どうぞお楽しみに。

曜日毎の特徴を知ろう

まずはポスティング業界の予備知識として、曜日毎の特徴を学んでいきましょう。

月曜日

ポスティングと比較されがちな「新聞折込チラシ」の配布量が最も少ないのが月曜日です。そのため、月曜日に積極的にポスティングを行うという方も。新聞購読者数は年々減少していますが、シニア層向けのチラシを配布するなら、月曜日が狙い目です。

火曜日

主婦層を狙うなら火曜日がおすすめ!ではありますが、現在は働く女性が増えているので日中は家を留守にする場合があります。配布する時間帯には十分注意しましょう。兼業主婦がチラシを見るとしたら、と仮定して曜日を選定する事も大切です。

水曜日

こちらも火曜日と同じく、主婦層をターゲットとするチラシ配布におすすめの曜日。塾や習い事など、教育関係のチラシの他、ドラッグストアの折込チラシも水曜日の配布が多く、効果が高いと言われています。

木・金曜日

週末のイベントやキャンペーン、セールの告知なら、木曜日と金曜日の配布が効果的。週末の予定を考え始めるタイミングなので、外食関係や住宅展示場の他、家族向けサービスのチラシが適しています。これ以降の曜日に配布すると、週末の予定が埋まっている場合もあるので注意が必要です。

土曜日

ポスティングチラシが一週間の中で最も多く配布されるのが土曜日です。土曜日は休日の方が多いので手に取っていただきやすいのが理由のひとつです。チラシのジャンルに偏りはありませんが、中でも男性向けチラシは土曜日が向いているようです。

日曜日

ゆっくり休みたい日曜日…ですが、ポスティングはお休みではありません。求人広告、各自治体の広報誌、車、不動産、リフォーム関係など、自宅で寛ぎながらじっくり検討してほしい内容のチラシは日曜日にポスティングするのがオススメです。

各曜日の特徴を捉えて、自分に適した曜日が何曜日なのかぜひ検討してみましょう。

業種別!オススメの曜日とは

新聞折込チラシの場合、土曜日の配布が効果的と言われていますが、ポスティングは業種によってチラシの配布枚数が異なるので、土曜日に配布すれば大丈夫というわけではありません。では何曜日に配布するべきなのか、業種別の配布データをもとにオススメの曜日をご説明します。

流通

まずは流通業。流通業の狙い目はやはり消費者が休みに入る直前。金曜日と土曜日に多くチラシを配布する企業が多いようです。また、流通業界全体の配布状況を見ると、平日の配布は火曜日と水曜日を選んでいる傾向があります。

サービス

サービス業のポスティングは、流通業と同じく、金曜日と土曜日の配布が多いようです。チラシ配布も曜日を問わず、平日もまんべんなく配布して問題なさそうです。ただし、流通業のチラシ配布が多くなる火曜日と水曜日は、あえて配布を避ける傾向があります。

教育関係

学習塾、予備校、カルチャースクールなど、教育関係のチラシの場合、休日の土曜日と日曜日の配布は少なく、週初めに多く配布する方がよいようです。全体の半数以上が月曜日、火曜日、水曜日のいずれかの曜日にポスティングを行っています。

金融・保険

教育関係のチラシと同じく土曜日や日曜日の配布は避け、堅実的な意識が高まると言われる火曜日~木曜日の配布が効果的です。しかし、週末に開催するイベント告知などは土曜日にポスティングを行った方が集客できるでしょう。

不動産

不動産業界のチラシをポスティングするなら、圧倒的に土曜日がよいでしょう。次いで金曜日もおすすめです。各物件の内覧は基本的に土曜日と日曜日に行われるのでその直前に集中的に配布して、ターゲットであるお客様の予定を埋めてしまいましょう。

メーカー

食品や家庭用品など、日常生活に欠かせない商品を扱うメーカー業界は、月曜日~木曜日のポスティングが一番。土曜日と日曜日は休日の企業も多く、月曜日~木曜日にまんべんなく配布をして、休日前日の金曜日はチラシ配布を控えた方がよいでしょう。

曜日+時間帯の指定でさらに効果大!? 

業界毎の曜日の良し悪しがわかったら、次のステップとしてポスティングを行う「時間帯」に意識を向けてみましょう。例えば、先ほどからお伝えしている新聞折込チラシは、朝刊も夕刊もほとんど決められた時間帯に配達されます。

いざ自分がポスティングを行ったとして、競合他社のチラシが既にポストに入っていたら、他のチラシに埋もれて目立たなくなってしまいます。それなら、新聞折込チラシの配布時間と呼ばれる早朝、さらに夕刊を配布しはじめる昼過ぎ以降のポスティングは避けるべきでしょう。

他にも、既存のお客様の利用時間に合わせて配布したり、帰宅時間に合わせてポスティングをするのもオススメ。時間帯を選定する事で、ポスティングの効果がアップする可能性が高まります。

ぜひ、配布する曜日の選定と同時に、時間帯にも配慮して、さらなる集客&効果アップを狙いましょう。

ポスティング
効果
曜日
お見積り