1. ホーム
  2. ポスティングの教科書
  3. エリアマーケティング
  4. ポスティング効果アップのために紙の種類&品質に注目せよ!

ポスティング効果アップのために紙の種類&品質に注目せよ!

ポスティング(ノウハウ)
by adworld
ポスティング効果アップのために紙の種類&品質に注目せよ!

意外と知られてない紙の大切さ

ポスティングを検討している多くの方が、チラシのデザインに強いこだわりを持っているかと思います。紙面のデザインに欠かせない写真やイラスト、キャッチコピー、さらに、チラシのサイズや折り方など。ターゲットであるお客様の好みに合わせて、素敵なチラシをデザインすれば、それだけチラシを受け取った住民の方に高評価。ポストから取り出した時に、好感を持ってもらえるでしょう。

チラシの第一印象がよければ、中身(内容)を見てもらえる可能性が高まりますし、中身を見てもらえれば実際にお店に足を運んだり、問い合わせをしたり、サービスを利用してもらえる機会に恵まれます。

しかし、ポスティングを検討している多くの方が、デザインにばかり気を取られて見落としがちなポイントがあります。それはチラシの「紙質」です。

紙の種類なんて興味ない?いえいえ、チラシの反響アップのためには紙の品質や紙の種類は、絶対に抑えるべき大切なポイントです。紙選びによって、チラシの印象が大きく左右される事もあるので、反響アップを狙うなら、ぜひ「紙」について学んでいきましょう。

基本の紙は3種類!

ポスティングのチラシに限らず、紙にはたくさんの種類が存在します。同じインクを使って、同じように印刷しても、紙の種類が違えば仕上がりに変化が現れる事も。

例えば、質感の異なる紙に、同じ「白」を指定して印刷しても、紙それぞれが持つ表面の凹凸やツヤの有無が影響して、発色や仕上がりに違いが出てしまいます。

完成したチラシを見て、何だかイメージと違ってガッカリ…。そんな事態にならないために、紙選びの前に、紙が持つ基本的な知識を学んでいきましょう。これからご紹介する紙は3種類。チラシにも適している、代表的な「コート」「マットコート」「上質タイプ」です。

コート

コートタイプの紙は、表面がツルツルとして発色性に優れています。そのため、写真の仕上がりが美しいのが大きな特徴。写真が多いチラシや、色味の多いチラシは、コート紙の利用がおすすめです。

マットコート

しっとりとした質感と手触りが魅力のマットコートタイプは、チラシはもちろん、会社案内や名刺にも適しています。コートタイプよりツルツル感が控えめなので、落ち着いた雰囲気に仕上げたい時におすすめです。

上質タイプ

上質タイプは、文字や文章が多い場合におすすめ。表面に加工がなく、ザラついた質感なので、冊子やアンケートなどに使いやすく、書き込みにも適しています。コートやマットコートに比べると、発色は少々劣ります。

紙質でチラシの印象が変化する

3種類の紙の違い、わかりましたか?イメージしにくいようであれば、一度印刷会社に紙のサンプルを見せてもらいましょう。実際に見て触った方が、それぞれの紙が持つ特性を理解しやすいのでおすすめです。

さて、紙の違いがわかってきたら、今度は自分のチラシにぴったりの紙を選ぶステップ。紙には他にもたくさんの種類があるので迷いがちですが、まずは基本の3種類をベースにデザインにぴったりの紙を選びましょう。チラシを受け取った人がどのような印象を持つか、逆にどのような印象を持ってほしいか、想像力を膨らませて考える事が大切です。

●料理の写真を載せた、高級感溢れるレストランのチラシ。

●かわいいイラストが特徴のカフェのチラシ。

●とにかく文字や情報に注目してもらいたい学習塾のチラシ。

それぞれのチラシが持つメッセージ性を辿れば、きっと紙選びもスムーズに行えるでしょう。

ただし、紙は種類によって値段が異なり、チラシ一枚あたりの料金にも変化が出てしまいます。紙質はもちろん大切ですが、予算の中からどこまで費用を掛けられるかをきちんと考えて、紙選びは無理のない範囲で行いましょう。

自分らしい紙選びで反響アップを狙おう

いかがでしたか?紙選びは、チラシの仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。仕上がり以外にも、紙選びはチラシの耐久性にも影響するので、ぜひ慎重に!

もしも自分のチラシにどのような紙が適しているのかわからなくなったら、チラシの中で何を一番見せたいのか、さらに、チラシの用途を見直してみるのがおすすめです。

料理の写真をとにかく美しく見せたいなら「コート」や「マットコート」がおすすめですし、ペンやシャーペンで何か書き込んでもらう必要があるなら「上質タイプ」が最適。

チラシは一度印刷するとやり直しができないので、紙を無駄にしないためにも、イメージしている仕上がりに合わせて、最適な紙をしっかりと考える必要があります。思い切って競合店のチラシにどのような紙が使われているのか調べてみるのも面白いかもしれませんね。

アドワールドでは、ポスティング業務だけでなく、チラシのデザインや、紙の種類のご相談も受けつけておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

ポスティング
お見積もり