ポスティング

ポスティングならではの工夫で反響に繋げよう

反響の測定に向いている

今回は、ポスティングの強みを用いていかに反響を上げていくのか、ということをテーマにお話します。
ポスティングにおいて大切なのは「エリア決め」であることは何度かお話していますが、それを利用して反響を出したという事例があります。
自店の商圏を把握しておくことは非常に重要なことですが、ポスティングをすることによって自分が思っていたところとは違うエリアからお客様が来店されるということもよくある話です。

「このエリアからの来客が一番多い」ということがあらかじめわかっていれば、集客が見込めないエリアに貴重な広告費をつぎ込むことがなく非常に無駄がないですよね。

そうなるためにできることは一体なんでしょうか?

ポスティングの強み=細かくエリアの選定ができること

新聞折込とポスティングの違いとしてあげられるのが、「エリアの選定を細かくできる」ということです。

ポスティングでの反響を計測する手段にクーポンの回収があります。
さらにポスティングのエリア選定の利点を生かすために、クーポンの色分けをしてみることをお勧めします。

たとえば配布するエリアを東西南北など4つに分割することで、実際にどのエリアから来たお客様が一番多いのかを測定することができます。
エリアを決める際には、これまでの集客の結果を利用しますが、まだ把握できていない場合には、他の広告媒体を使った時はどうだったかという仮説を利用するのも手です。

アドワールドではシステムを用いて、世帯数はもちろん、町目の特徴を探ることも可能ですので、自店のターゲットはどういった人が多いのかという特徴を把握しておくことはとても大事なことです。

すぐに結果が出なくても焦らない

ポスティングでまず達成したいことは、何よりも認知度をあげることです。
そのためには、繰り返しポスティングをして、チラシを手に取った人に「なんかこれ何度も見たな」と思ってもらうことが大切です。

繰り返しポスティングをする理由や、ポスティングで結果を出すために必要なことは、ぜひ「ポスティングで結果を出す人の共通点」の記事も読んでみてください。

クーポンの色分けは、どのエリアから来客があるかを知るのに大変効果的ではありますが、この方法を何度も繰り返しやることによってその精度が高まるのです。

反響を追跡して、さらに大きな反響を目指す

弊社が過去に実施して効果があった方法は、1度目で一番反響があったエリアを中心とし、再度エリアを分割して色分けクーポンを配布した、というものです。
そして反響結果を集計し、この結果に基づいて、さらに同じことを3回繰り返しました。

すると、とあるエリアからの反響が格段に多いことがわかったのです。
さらに驚いたことに、そのエリアはお店の方が想定していたよりも自店から離れたエリアで、商圏として認識していないエリアでした。

集客というのはやってみないとわからないことがたくさんあるものなのです。

いかがでしたでしょうか?

ポスティングは、単にチラシを配っているのだけではなく、様々なことを考え、改善を重ねて行なっています。
アドワールドは20年以上ポスティングに携わってきた実績がありますので、お困りのお客様に対してアドバイスできることがたくさんあります。

初めてポスティングをやってみようとお考えの方はもちろん、配布エリアの決め方にお困りの方など、ポスティングに関するお問い合わせはどうぞお気軽にアドワールドまでお寄せください!

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お問い合わせはこちら