ポスティング

効果が出るポスティングのチラシとは

blog02

「捨てられない」チラシとは

皆さんのお宅のポストにも、毎日のようにチラシがポスティングされていることと思います。
大体の方がチラシの内容をじっくり見ることなくすぐにゴミ箱に捨ててしまっているのではないでしょうか?
お店の方はチラシを見てお客様に来店してほしいからポスティングしているにも関わらず…
今回は、「捨てずに置いておこうかな」とお客様に思ってもらえるチラシにはどのようなものがあるか、ポイントを二つご紹介したいと思います。

①何のチラシなのか、パッと見てすぐにわかる

皆さんは普段、ポスティングされていたチラシを手にとってから、どれくらいの時間そのチラシに目を通しているでしょうか?
個人的な感覚ではありますが、およそ1秒以内に、捨てるか置いておくか、判断していないでしょうか?
そんな短い時間の中で判断しているとしたら、小さな文字でたくさん情報が敷き詰められているようなチラシは置いておこうと思ってもらえるでしょうか?
確かに書いてある内容はお客様にとって有益な情報かもしれませんが、1秒以内で判断されるチラシの中でお客様の心を掴むのは難しいかもしれません。

大切なのは、それが飲食店のキャンペーンのチラシなのか、美容院の新規開店の告知なのか、 一体何を伝えたいチラシで、お客様に何をしてもらいたいのかがぱっと見て明確にわかるようなチラシであることだと言えます。

②お客様にとってお得だなと思わせる

続いて大事なのは、お客様にとって「これはお得なチラシだ!」と思ってもらえるような内容を記載することです。

お得な情報といえば真っ先に思い浮かぶのがクーポンではないでしょうか。 お得だという感情は、金額の安さだけではありません。有益な情報を仕入れられた場合も、お客様にとってはお得だと思ってもらえる材料になります。
例えばセミナーの案内のチラシなどは、そのチラシを手に入れることによって、これまで知らなかった情報を知るきっかけになり、「このチラシがあってよかった!」とお得に感じてもらえるかもしれません。

また美容院などの店舗では、金額の安さだけではなく、自分にとって通いやすい便利な立地であることや、営業時間が長く仕事帰りにも行けそうだということがお客様にとってお得だと思える要素になるかもしれません。

ここでも、伝えたいことをあれもこれもと詰め込みすぎるのではなく、要素を絞りピンポイントに伝えられるようにしましょう。

他のチラシに埋もれないチラシを目指しましょう

冒頭でもお伝えしましたが、チラシは様々な種類が毎日のように投函されます。
ポストを開けて一度は手にとったとしても、手元に置いておこうと思ってもらえるチラシはごく少数。
せっかくチラシを作るなら、効果を出せるチラシを目指したいことでしょう。
それなら、求めるターゲット層にしっかり訴求できるようなわかりやすくお得なチラシを目指し、しっかりと内容を練った他のチラシに埋もれないような良いチラシを目指しましょう。

コメントを残す

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)