1. ホーム
  2. ポスティングの教科書
  3. エリアマーケティング
  4. チラシ作成に不可欠! DTPデザインを学ぼう

チラシ作成に不可欠! DTPデザインを学ぼう

チラシ広告
by adworld
チラシ作成に不可欠! DTPデザインを学ぼう

ポスティングで重要な「DTPデザイン」

「DTPデザイン」という言葉を聞いた事はありますか?
デザイン業界や印刷業界では主流な言葉ではありますが、専門用語であるため耳にした事がないという方もいらっしゃるかもしれません。

ポスティングのチラシ制作を進める上で「DTPデザイン」を学ぶ事はとても重要です。なぜなら、ポスティングで配布する印刷物は「DTPデザイン」に分類されるからです。
そこで今回は、チラシをデザインする上で欠かせない「DTPデザイン」について、基本的な情報をご紹介させていただきます。

まず、「DTPデザイン」の「DTP」とはDeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)を略したもので、日本語では「机上出版」や「卓上出版」と呼ばれています。その主な役割は、パソコン上で紙媒体の原稿作成や編集作業、デザイン、レイアウトなどを行う事。
ポスティングのチラシはもちろん、ポスターやパンフレット、雑誌なども「DTPデザイン」に該当します。

ちなみに、「紙媒体」に該当しない、HPやWeb広告など、Webサイト上のデザインの事を総称して「Webデザイン」と呼びます。

「DTPデザイン」と「Webデザイン」の相違点

印刷する事でカタチになる「DTPデザイン」と、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの画面上で表現される「Webデザイン」。それぞれ「デザイン」である事は共通していますが、表現する媒体が異なるため、デザインする上で注意すべき点に違いがあります。

例えば、「DTPデザイン」は印刷する用紙のサイズによって物理的な制約が出てしまうのが特徴です。そのため、必要な情報を紙面の中に納めるために写真や文章を厳選し、細かく計算していく必要があります。

反対に、「Webデザイン」に物理的な制約はなく、多くの場合、スクロールする事によってページの長さをどこまでも伸ばす事ができます。「DTPデザイン」のように写真や文章を限定する必要がないので、ターゲットに見せたいコンテンツをたくさん掲載する事が可能です。

これだけ聞くと、「Webデザイン」に大きなメリットを感じるかもしれませんが、「Webデザイン」はその裏側にコーディングと呼ばれるシステムが組まれており、表現できる事に制約が出てしまうのがデメリット。
極端な話ですが「ここにこの写真と文章を入れてデザインしたい!」と思っても、システム上で不可能と判断されればそのデザインは実現できないのです。

その点、「DTPデザイン」は「Webデザイン」のようにコーディング(システム上の制約)が必要ないので、デザインの自由度が高く、さらにひと目でコンテンツ全体(チラシ全体)を把握する事ができるので、何を伝えたいのか的確に表現できる魅力があります。

「CMYK」と「RGB」を知ろう

「DTPデザイン」は、作成したデザインを紙面に印刷しますが、一度印刷してしまうと修正する事ができません。そのため、パソコンのディスプレイ上で確認した色味が、そのまま紙面上できちんと表現されているかは特に注意するべき点でしょう。

「DTPデザイン」と「Webデザイン」では、色の形式にも違いがあり、紙面上で用いられるものは「CMYK形式」、Webで用いられるものは「RGB形式」と呼びます。
「CMYK」と「RGB」では、色彩がかなり異なり、「RGB」はディスプレイに映る色味がそのまま使用できますが、「DTPデザイン」においては、ディスプレイ上のカラーリングと、紙に印刷したものとで色味にかなりの差が生じます。

そのため、ポスティングのチラシデザインを行う場合は、チラシ制作で使用するソフトの色形式を必ず「CMYK」に指定して作業しましょう。また、「DTPデザイン」においては、印刷する「紙」の種類によって、イメージしていた色味が表現されない場合もあるため、一度印刷して色味を確認する「色校正」と呼ばれるステップがあります。

この段階で、ディスプレイ上で確認していた色味と実物に違いが出るようであれば、イメージ通りのものを目指して色味を微調整していく必要があります。

イメージをカタチにする「DTPデザイン」の大切さ

「DTPデザイン」に限らず多くのデザインは、ロゴ、見出し、写真、イラスト、アイコンなど、いくつもの要素が集まって完成しています。しかし、「DTPデザイン」には、最後に必ず「印刷」の工程があるので、最後まで特に気を抜かないようにしましょう。

チラシのデザインがいくら素晴らしいものでも、印刷の段階で手を抜いてしまうと「イメージしていた色味と違うからすべて刷り直し」なんて事態になってしまいます。

「Webデザイン」は、デザインを見る人の環境(媒体や利用するブラウザ)によって印象が左右される事がありますが、「DTPデザイン」は、見た目に差はなく、印刷されたデザインは誰が見てもおおむね同じに仕上がります。これは「DTPデザイン」の強みです。

だからこそ、ポスティングを検討される方は「DTPデザイン」の知識を身につけて、完成度の高いチラシ制作を目指す事が大切です。よりよいチラシを生み出す事が、ポスティングによる反響を獲得するためのひとつのポイントになります。

アドワールドでは、チラシデザインに関するご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。

DTPデザイン
チラシ
ポスティング
ポスティング会社
お見積もり