1. ホーム
  2. ポスティングの教科書
  3. エリアマーケティング
  4. プロの手を借りてサクッと完成!3ステップ!チラシの作り方

プロの手を借りてサクッと完成!3ステップ!チラシの作り方

ポスティング(ノウハウ)
by adworld
プロの手を借りてサクッと完成!3ステップ!チラシの作り方

迷ったらチラシの準備から

ポスティングを始めよう、チラシを準備しようと考えた時、何から始めればいいかわからない!という方は多いのではないでしょうか。

まずはチラシに載せる内容を考えるべき?デザインを先に決めた方がいい?掲載する写真やイラストの準備?そもそもどのエリアに何枚くらい配布するかを決めてから?自分で配布する?それともプロに依頼する?

何もわからない状態だと、決める事がとにかくたくさんあるように感じてしまいますが、迷った時はチラシの準備から始めてみましょう。チラシの中身を考えると、必然的にどんな内容を、誰に伝えたいのかが明確になってきます。さらに、配りたい相手が決まればデザインのテーマや方向性が定まってきますし、そのチラシを配る相手が多く住むエリアはどこだろうと配布エリアを選定するきっかけにもなります。

本日はそんなチラシの作り方を3ステップでご紹介。自分で準備するべき工程もあれば、プロの手を借りる工程も。この記事を読んで、チラシの作り方のコツをしっかり学びましょう。

作り方①まずは手書きで作ってみよう

チラシを作ると決めたら、最初のステップは頭の中でイメージしている内容を紙に書き起こす事から始めましょう。

ポスティングチラシを作る上で一番大切な事は、相手に何を伝えたいのかを明確にする事です。ポストから取り出したチラシを見て、何のチラシであるかがすぐに伝わり、興味を引く事ができなければ、残念ながらそのチラシはすぐに捨てられてしまいます。

そうならないために、まずは伝えたい事を紙面上に並べてどの部分を一番目立たせたいのか、掲載内容に優先順位と強弱をつける事が必要になります。

一度書き起こしてみると、何か味気なかったり、文字が多すぎたりとイメージしていたものと違う部分が出てくるはずです。また、書いている途中で違うアイデアが出てきたり、チラシのサイズが適切か、モノクロとカラーのどちらが最適かなど、チラシを完成させる上で必要な要素が自然と決まってきます。

さらに、文字で伝わりにくい部分は、お店や店内の写真、来店を待つスタッフの似顔絵などを載せてみるのもオススメ。

ちなみに手書きが苦手と言う場合は、エクセルやパワーポイントなどのソフトを使うのももちろんOK。とにかくチラシに興味を持ってもらって、来店や問い合わせといった行動を起こしてもらうために、頭の中のイメージを具現化する事から始めましょう。

作り方②デザインの仕上げはプロに依頼!

チラシの内容を大まかにでもまとめたら、次は書き起こしたラフデザインを整えていくステップ。最近は様々なアプリやソフトがありますし、エクセルやパワーポイントで制作したものは、プロの手を借りず自主的にデータ化し印刷する事も可能なようです。

しかし、ポスティングチラシのように第一印象がカギとなる媒体は、できればポスティングのチラシ制作に長けたデザイナーに依頼しましょう。ポストから取り出した時の文字の読みやすさ、写真の美しさなど、プロ目線で適したレイアウトのチラシに仕上げてくれます。

また、ポスティングチラシの制作を頼むなら、事前にしっかりと打ち合わせができるかもチェックしましょう。実際にデザイナーに会った方が、どのような意図でチラシをデザインしてほしいのか、想いや考えをしっかり伝えられます。実際に会うことができたら、紙面で何を伝えたいのかきちんと汲み取ってくれるデザイナー(業者)であるかも確認しましょう。例えば、デザインを細かく指定したい場合は、それに合わせた細かい部分のアドバイスをくれるか、反対にイメージがザクッとしている場合は、依頼主の意向を汲んで大部分のデザインを考えてくれるか。担当デザイナーとの相性もとても大切です。

ちなみに、デザイナーにチラシ制作を依頼する場合、「作り方①」で用意したデザインラフがあると非常に便利。デザインイメージの共有に非常に役立ちます。

作り方③印刷をすればもう完成

チラシデザインの最終データが完成したら、印刷をしましょう。

多くのデザイン会社がデザインと同時に印刷をそのまま承っていたり、懇意にしている印刷会社があるので、オススメの印刷会社を紹介してもらうのもよいでしょう。

コスト面を気にするならネットで印刷会社を探す方が安く済みますが、不慣れな場合はネットだと融通が利かない事があるので注意が必要です。

また、印刷する際は紙の種類や折り方にも注意しましょう。ポスティングチラシに限らず、紙は厚みがあれば高級感があり、保有率が高くなる傾向にありますが、厚みを控えた方が手軽で身近な印象を持たれるといったメリットも。何よりもチラシで紹介するサービスや商品のイメージに沿った厚みとサイズ、折り加工を選ぶ事が大切です。

アドワールドでは、チラシのデザイン制作はもちろん、ポスティングに適した紙の厚みやサイズ、折り加工のアドバイス、さらに印刷、ポスティングまで一貫して承っており、スムーズなチラシ配布が可能となっております。

チラシの作り方でお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

コツ
チラシ
作り方
お見積り